読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツナヨシのやつ

なんだかよく分からない女子大生のなんだかよく分からないブログです。頻尿。そうじゃないときもあります。

勝手に漫画のタイトルを作り出そう!

 

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170426225843j:image

 

ショートボブに白のインナー、ロングスカート。量産型女子のツナヨシです。顔は真っ赤ですけどね。

 

まだまだ忙しいですが、少し余裕が出てきたところであることに気づいてしまいました。

 

最近新しい漫画読んでないな。

 

そう、新しい漫画、読んでない。

 

いやいや、どうでもよくはないんです。待って待って。

趣味は漫画を読むことの私がそれをなくしては、出せる話題など「満員電車にゼラチン流し込んでゼリーにしてみたくない?」ぐらいです。

 

でも、特別読みたい漫画はない・・・。タイトルでドーンと引き付けられて思わず買っちゃうような漫画・・・。

 

・・・作っちゃう?  

 

 

はい、いつもの流れです。無いなら、作る。 

しかしながらDIYの申し子ツナヨシといえど漫画を一から作り出すのはめんどくせぇ。 

なので今回はタイトルと大まかな内容だけ決めたいと思います!

 

【革新的な漫画を作ろう!】

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170427170755j:image

 

単語帳に適当に単語を書き、適当に引いて、適当にできたタイトルの説明をする。以上です。

 

今回は一人でやっても面白くないんで友人のTちゃんにも参加してもらいました。

 

Tちゃん : 和式トイレを「踏ん張る式便所」と呼ぶ。中学時代はゴリラのモノマネで名を馳せた。

 

姉 : 今年で30。満身創痍である。

 

 

ではさっそく引いてみましょう!

 

 

 
f:id:shouguntuyayoshi:20170427171727j:image

 

「足の爪がバカ」

 

姉 「これタイトル?」

 

ツ 「アキレス腱の逸話の、足の爪バージョン。」

 

T 「天才だけど、足の爪攻撃されるとバカになる。」

 

姉 「足の爪になにが仕込まれてんのよ。」

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170427172258j:image

 

「テロの誓い」

 

T 「アフガニスタンの・・・」

 

ツ 「怖いからやめ!」

 

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170427172445j:image

 

「GOGO 貯金の裏側」

 

ツ 「闇金ウシジマ君の続編です。」

 

姉 「主人公、もしかして主婦?」

 

T 「もしかしなくても主婦だし、子供が3人いる。」

 

姉 「元銀行員でガーデニングが趣味ね。」

 

ツ 「うちの母じゃねーか。」 

 

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170427173106j:image

 

ハリー・ポッターとティッシュかな?」

 

ツ 「知らなかったんだ、ティッシュ。」

 

T 「魔法界に染まりきったハリーが20年ぶりに人間界に訪れると知らないものばかりだった・・・」

 

T 「驚きつつしばらく暮らしていたある日、ハリーは『これはなんだい?』とティッシュをつまみ上げる。ティッシュを知らない人間などいない。ハリーは疑われ、ついに魔法使いであることがバレてしまい人間に魔法の存在が伝わってしまう。」

 

T 「魔法界に平和をもたらしたヒーローは魔法に災厄を招いた悪魔になってしまった。晩年のハリーは・・・」

 

姉 「T、止まらないんだけど。」

 

ツ 「好きだからね。ハリー・ポッターシリーズ。」

 

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170427173952j:image

 

「見上げれば君」

 

姉 「爽やかなラブコメだ!」

 

ツ 「いやいや、君でかすぎでしょ。見上げる身長て。」

 

T 「階段の上に君。ビルの上から君。なぜか君は上から上から僕を見下ろす。」

 

姉 「恋愛物に厳しくない?」

 

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170427174253j:image

 

「100日間父したい」

 

ツ 「文法おかしいけど中身が切な系なのはよくわかる。」

 

姉 「生き別れの父娘が100日間だけ一緒に暮らすんでしょ。」

 

T 「100日間・・・父・・・死体・・・?」

 

ツ 「それは魔神探偵脳噛ネウロが解き明かすやつ。」

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170427175104j:image

 

「トイレのガールじゃない?」

 

T 「ルー大柴トイレの花子さんのラプソディー。」

 

ツ 「トイレにインしてるユーもガールだよ。」

 

姉 「めっちゃくちゃじゃん。」

 

ツ 「常日頃トイレに二時間インしてる三十路のユーもぎりぎりガールだよ。」

 

姉 「うるせぇよ。」

 

ツ 「そろそろラストにしますか。」

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170427175630j:image

 

西野カナより超能力者かな?」

 

姉 「どうゆう状況よ。というか西野カナ超能力者前提なの。」

 

ツ 「特定の人物に会いたいと思うと地震を起こす西野カナを止めるEXILEの話。」

 

T 「ラストではEXILEグループ全員で巨大化した西野カナに立ち向かう。」

 

姉 「西野カナになんの恨みがあるの?」

 

 

~終了!~

 

結局打ちきり臭しかしない作品ばっかり量産しましたが、結構こじつけて話を作るのは楽しかったです。

 

・・・ですがこれとおんなじようなことをオモコロというサイトで、「全く新しい悪口を作ろう!」というも企画にてすでにやってたんですよね・・・。そっちのほうが数倍面白いのでぜひ見てみて下さい。

 

これから夏の旅行資金のためにバイトを始めるのでまた更新が遅れるがちになるかもしれませんが、じわじわ続けていきます!

 

それでは今回はこの辺でおさらば。

 

衣替えと自作ハンモック!

 

 皆さん、こんばんは。いつも通りツナヨシです。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423185608j:image

 

 

そしてこちらがゴミです。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423185625j:image

 

なんでこんなゴミ出してんの?と言いますと、最近めっきり暖かくなってきたじゃないですか。なので衣替えしようかと思ったら案外捨てる服が多くて、3袋分もゴミになってしまったんですよね。ゴミになった服をちょっとお見せすると、

 

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423190035j:image

 

父が買ってきたHARD ROCK Tシャツ

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423190308j:image

 

上にちっちゃく「ハードロックカフェ」と書いてあります。なんなんだ、マジで。

 

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423191834j:image

 

ダンスの衣装 セーラー服(上部)

 

水着みたいな材質なんですよね。ついでにこれはそうゆうお店用の通販サイトでメンバー全員分買ったので、その時期ずっとスマホ広告でナースの衣装をオススメされてました。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423192454j:image

 

衣装その②

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423192516j:image

 

その③

 

私が入ってたのはダンス部ではなく吉本だったのかもしれません。

 

 

 

 

なんで取っておいたのか分からない無駄な衣類の数々をかき集めたら3袋になってしまったのですが・・・

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423192725j:image

 

もったいなくない?

 

思わず小首傾げちゃいました。そう、もったいなくないですか。

元は金を出して買ったものなのに即行ゴミにぶち込むのはちょっと悲しい。なら、

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423192725j:image

 

ハンモックにするしかなくない?

 

もう一回小首傾げときますね、可愛かったから。

 

部屋に池を作った記事でも書きましたが、私の部屋には寝床がありません。でもベットを置くほど広くもない・・・。ならハンモックにして空中で寝るしかないじゃないですか。

 

ハンモックって布でしょ?で、服も布。やるっきゃねぇ。

 

 

【ハンモック作り】

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423204001j:image

 

といっても布を結び合わせて

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423204035j:image

 

黒ガムテープで固めるだけなので

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423204258j:image

 

すぐできました。

 

漂流した人の洗濯物じゃありません。ハンモック、ハンモックです。  

 

部屋にベットを置くスペースがないからハンモックなのに部屋のど真ん中に設置してあるのは今は突っ込まないでください。

 

あとはこれを吊り下げて乗るだけ!せっかくなんでそこら辺にあった蝶ネクタイとたすきもしました。

 

準備万端、みんなの憧れハンモックはすぐそこ。これはかつてないほど楽しみですね。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423205610j:image

 

ということで早速寝てみたいと

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423205647j:image

 

思いま

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423205701j:image

 

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423205739j:image

 

ドガガガガガガガガ

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423205820j:image

 

ズォォォォン!!!!

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423210703j:image

 

 



f:id:shouguntuyayoshi:20170423210752j:image

 

 ムクリ

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423210737j:image

 

・・・???

 

 

 

何が起きたのか全く分かりませんでした。寝ようとした瞬間、色んなものが雨あられと降ってきた。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423211433j:image

 

 

どうやら失敗したらしいです。布の強度は間に合ったのですが普通に自重で落ちました。失敗の質がディズニーレベル。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423212145j:image

 

部屋の片付けも兼ねた衣替えだったはずなのですが宴会部長の家の廃墟になりましたし、その宴会部長は確実に絞め殺されてるやつです。

 

 

衣替えの方向性は捻れ部屋はさらに荒れるというびっくりするほど意味の無いことに日曜日を費やすも明日は学校。とんでもない絶望っぷりですが、もう片付けは別の日でいいでしょう。さっき頭打ったし。

 

 

 

 あと謝ることが一つ。

 

前回の記事『妄想ラブソング女子会』の終わりに「後半へ続く」とか書いたのですが、なんか恥ずかしくなっちゃったから止めました。あれはテンションで書いてたのです。すみませんでした。

 

 

さて、なんだかグダグダになってしまいましたのでそろそろ閉めましょう。

 

 

 



f:id:shouguntuyayoshi:20170423215639j:image

 

実は先程の失敗を元に椅子に重しをつけた改良版も作ったのです。今度こそ上手くいって寝姿でお別れできるかと思います!

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423215049j:image

 

それでは

 

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170423215432j:image

 

おさらば。

妄想ラブソング女子会!

 

皆さま、電車の中からこんにちは、ツナヨシです。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170418130137j:image

 

急ぎすぎておばあちゃんのサンダル履いてきてしまったんですよね。しかもマジックテープのビリビリなるやつ。でもめちゃくちゃ履きやすいことを発見してしまったのでちょこちょこ履いてく所存でございます。

 

 

さて、こんな女子力を地中に埋めたような私ですが女子っぽいことをしたい、してみたい。

 

女子っぽいこと、それは女子会です。

 

女の子がオシャレなお店でわいわいキャッキャとおしゃべりしパンケーキ食べたりする、可愛いの極限。やってみたい。しかし私には女子会するような女友達はいません!

 

ということで女子から支持を集める定番ラブソングから書き起こしたキャラクターで妄想上で女子会を開きます。

 

悲しくなんか、ない。

 

 

【ラブソング妄想女子会メンバー】

 

DREAMS COME TRUE・未来予想図Ⅱ➡ 未来
 
f:id:shouguntuyayoshi:20170418131728j:image

 

 

倖田來未・愛のうた ➡歌子

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170418131957j:image

 

 

 

西野カナ・トリセツ ➡律

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170418132058j:image

 

 

aiko・カブトムシ ➡カブトムシ

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170418132243j:image

 

 

 

YUI・CHE.R.RY  ➡さくら

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170418132316j:image

 

阿部真央・貴方の恋人になりたいのです ➡恋

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170418164944j:image

 

場所は某パンケーキ屋、メンバーはラブソングランキングから適当に見繕ったこの6名でいきたいと思います。

 

 

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170418165544j:image

 

歌子 「開始に先だって一言を未来さんからお願いします。」

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170418165758j:image

 

恋 「拍手ですか?」

 

律 「にしては少なくない?」

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170418165934j:image

 

未来 「ハ・ラ・ヘ・ッ・タのサイン」

 

歌子 「じゃあもう開始!食べながら話しましょう!」  

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170418165758j:image

 

律 「これは賛同の拍手じゃない?」

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170418165934j:image

 

未来 「ア・リ・ガ・ト・ウのサイン」

 

歌子 「サインでしか会話できないの!?」

 

さくら 「野球選手かよ。」

 

 

【ラブソング妄想女子会スタート】

 

              ~後編へ続く~

Google翻訳近況報告

 

 

 

こんにちは、皆様。忙しいと思考が爆発して最強のブレーメンの音楽隊を考え出すタイプのツナヨシです。


f:id:shouguntuyayoshi:20170415170141j:image

 

 

敵はライオン、フィールドは私の机の上です。

意外とスピードを出せる上に好戦的なサイを下に配置しキリンで高さを確保、知能が高いゴリラが上から指示と攻撃を繰り出すという流れ。最強でしょう。  

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170415170150j:image

 

ついでにサイとゴリラは親友。学校の帰りにアイスを食べるのが恒例です。

 

 

 

また更新が遅くなりました。なんだかんだ忙しくなってきたので今回は近況報告にしようと思うのですが、普通の記事➡Googleで翻訳したものをさらに日本語に翻訳する再翻訳verの順でお届けします。理由は、やりたかったからです。それではどうぞ。

 

 

 

【ぼんやり近況報告】

 

 

ガイダンス期間も含め大学に通い始めて早2週間。浪人期間の気ままな生活から朝6時起きがデフォルトになったのはだいぶキツいものがありました。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170415171212j:image

 

となるとガイダンスで当然うたた寝して赤ベコのように首をガクガクさせてるのですが、それはみんなも同じようで、2/5くらいの割合で赤ベコが発生してました。

 

ガイダンスが終わると夜は新歓です。大概はどこかのお店でやるのですが、私がいったのはパリピの巣窟クラブでのイベントによる新歓でした。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170415172030j:image

 

ミラーボールはギラギラ、音楽はズンズンなってる本格仕様。無理だよ馴染めねーよ。何を思ってこんな音でかくしてあっちゃこっちゃギラギラにしたんだ、五感が受け取る情報多すぎて出力ミスるわ。

 

インドア派の私は馴染めないこと馴染めないこと。人波に任せて海草のようにフラフラしてました。

 

 

 しかし同じような人はいるもんでボーッとしてた女の子に話しかけると私と同じ読書好きというこで話が合い、「何読むーー!?私、川端康成!!」「幸田露伴!!!」テイラー・スウィフトの爆音ミュージックの中で叫びあってました。

 

※一応大学公認イベントなのでお酒は出されません。

 

 

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170415182305j:image

 

 昼間は昼間で授業の合間にサークルの勧誘を受けてるのですが、ひとつ受けると客待ちタクシーの如く違うとこがひっそりと並ぶ。来年の新入生は大学構内を10メートル安全に歩けると思うな。

 

 

 

こんなもんでどうでしょうか。なにもかもが始まったばかりで安定しない生活ですが先程のクラブで出会ったオタクの中国人ゲームを1000本持ってるゲーム狂など友人もちらほらできてきて楽しくなってきました。更新は途絶えがちになると思いますがなるたけ続けてきます!

 

では今回はここらへんでおさらば。

 

 

 

~再翻訳~

 

 

【不在状態報告】

 

 

 

指導期間も含めて大学入学してから2週間後。ロニン時代のアイドル・ライフから、朝6時に起きたかなりの数のディックがあった。 

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170415223405j:image

 

 

ガイダンスになると、それは自然に昼寝をし、首を赤い嘴のように痙攣させるが、赤ベーコのように皆は同じで、約2/5で起こった。


f:id:shouguntuyayoshi:20170415223823j:image

 

夜が終わったら、指導は新しいものです。ほとんど私はどこかの店でそれをやろうとしいてますが、私が言及したサークルでは、paripiのクラブのクラブで行われたイベントでは新しい応援でした。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170415224204j:image

 

ミラーボールが輝き、音楽は雷のような本物の仕様になっています。私はそれに慣れないことは不可能です。私が思ったのは、このような音で隠してしまいました。私はそれを輝かしくしました。五感で受け取った情報は出力を間違えてしまうほどです。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170415224813j:image

 

私は適応してない屋内に慣れてない。人々の波に残して、それは海草のようだった。

 

しかし似たような人たちは、飲んで、私と話をするのは、「私が川端康成さんが読んだ本、「甲田展!!」テイラー・スウィフトの爆発的な音楽に叫び声をありました。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170415225515j:image

 

※大学公認イベントですので、アルコールは提供されてません。

 

 

昼間は昼間にクラス間でサークルの勧誘をうけているのですが、1つ手に入るとタクシーが静かに並ぶのと違って背後にいます。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170415230045j:image

 

 来年の大学生が安全に10メートル敷地内を歩くことは期待しないでください。

 

 

そんな気持ちですか?すべてが始まったばかりで、安定した人生ではありませんが、クラブで会った1000回以上の試合で、中国人のオタクとゲームで友人やオタクを作るのは楽しくなってきました。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170415230555j:image

 

 

 

 私は更新が中断される傾向にあるが、私はそれを作り続けるだろう。

 

さてここでやめて!

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170415230837j:image

 

 

私は確かに持っている。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170415231046j:image

 

 

 

暇な時間に運命の出会いを果たそう!

こんにちは皆様、ツナヨシです。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170410144809j:image

 

こちら現在の私の視点。大学の図書館の天井です。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170410144917j:image

 

このように天井にオシャレな感じで木の棒が嵌め込まれてるのですが、これを1ブースごとに数えると全部で70本。それがおよそ13ブース。この図書館は4階建てなので70×13×4で合計3640本の木の棒が嵌め込まれてることになります。こんなこと入学初日で突き止めたの私ぐらいなのですが何を言いたいかというと、

 

めっちゃ暇。

 

すごい暇。スーパーデラックスエクセレントデリシャス暇。 

 

1限から5限までぎっちり授業が詰まっている訳でない文系大学生には授業と授業の合間、空きコマという存在があるのですが、一緒におしゃべりする友達もいない私にとってめちゃくちゃ暇な時間なのです。

 

やることは終わってしまったしスマホはもう飽きた。あとの暇潰しなんか天井の木の棒を数えるくらいですよ。せめて友達がいたら・・・ん?友達がいない?それのせいで暇?ならこの時間で運命の出会いを果たせばいいのでは。

 

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170410193242j:image

 

 そう、ここは図書館。出会いの聖地、運命の神殿なのです。同じ本を取ろうとして手がぶつかるのはお約束!ならば同じことをすればとりあえず誰かと知り合えることは必然なはず。木の棒凝視し過ぎて涙流してる場合ではありません。さっそく行動に移しましょう。

 

 

 

【運命を作り出す】

 

初っぱなからだいぶ宗教感溢れる題ですが大丈夫です。友達作るだけです。運命で。

 

 

さて、まずは運命の一冊、つまり釣り餌を決めるのですがそれは芥川龍之介地獄変にしました。理由は文学部の授業で扱うとかなんとかを聞いた記憶があるからです。まあメジャーな作品なので借りる人もいるでしょう!

 

本も決まったことだし探したいのですが、なんと明治が所蔵する本は260万冊。かなり探し回ることにな・・・

 

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170410195952j:image

あった。

 

即行見つかりました。さーて探すかと振りかえったらあった。

 

本のほうはあっさり見つかってしまったので人のほうを一応確認しておきましょう。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170410200534j:image

 

ほうほう

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170410200605j:image

 

 ほうほうほう!!

 

なんだなんだいっぱいいるじゃないか。これがみんな友達候補かと思うとよだれが出ますね。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170410195936j:image

 

コンディションは抜群です。外は大雨、みんな雨宿りに図書館へも訪れることでしょう。私は本に手をかけて待ちます。

 

さあ来いお友だち!!!

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170410195936j:image

 

・・・

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170410195936j:image

 

・・・

 

~一時間経過~

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170410201311j:image

 

・・・

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170410201332j:image

 

名前すげぇ 

 

 

~二時間経過~

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170410221518j:image

・・・

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170410201609j:image

 

・・・

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170410201640j:image

 

3640本じゃないかもしれない。

 

 

~三時間経過~

 

 

 
f:id:shouguntuyayoshi:20170410201311j:image

無理でした。

 

さっきも出した写真ですが、見てくださいよこの人の近づかなさ。なにここ秘境の地?知る人ぞ知る感じだった?

 

全っ然人がいない。途中で私も諦めて本読み始めてました。面白かったです。

 

 

結局三時間ねばりましたが全く出会いはなかったので大人しく授業に向かいます。

 

雨もすっかり上がって新歓期間のせいで構内は賑わってますが私は1人。いいさいいさどうせみんなも私と同じようなことしてるだろ。

 



f:id:shouguntuyayoshi:20170410213821j:image

群衆「空きコマ暇だったからサークルの部室で先輩と遊んでたんだー!」

 

「私クラスの子と履修組んでたよ!」

 

 
f:id:shouguntuyayoshi:20170410214221j:image

 

「新歓次どこ行くー?」

 

「他の学部の子にあそこ誘われてるんだよね。」

 

 

 

 
f:id:shouguntuyayoshi:20170410222024j:image



「・・・」

 

 

 

 

 



f:id:shouguntuyayoshi:20170410221219j:image

 

授業終わったら秒で帰宅し読書でもします。

 

【第3講】自宅浪人ツナヨシさん

 

 



ちわーす!

なんか、大学の新歓?行ったらーヤバいレベルで勧誘のチラシもらってマジヤバいんすよね。パネェ。


f:id:shouguntuyayoshi:20170406091320j:image

畳に広げてみたらガチの一畳分。ウチ、これ敷き布団にできるわみたいな。ウケる。しかもインドアオーラ出してんのに運動サークル筋肉ムキムキ言わせて近づいてくるんすわ。あれ、ヤバかったわー。あ、んじゃウチこれからイベントなんで!また飲み誘ってくださーい!

 

 

 

 

 

 

 

改めまして皆様。また、おひさしぶりです。無音の宅浪から出てきたもんだから大学の騒音に押されぎみのツナヨシです。

 

上の語彙力検定7級くらいの文章はほとんどある人の口調のコピーなんですが、すごさの尺度が「ヤバい」で固定だから逆に表現力を身に付けてたのが面白かったです。

 

 

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170406093309j:image

 

さて、前回の「【第2講】自宅浪人ツナヨシさん」は夏から秋+αまでいきました。今回は冬から受験編です。

鳩につつかれながら飯を食い、Neverまとめで見かけたようなダメ浪人に囲まれながらも結局成績の上がらないツナヨシ。時は過ぎ雪のちらつく冬、ついに試験本番となります。

 

宅浪シリーズも4回続きましたがこれでラスト!今回も変わりなく脳みそ豆腐状態でお届けします。

 

 

 

【第3講】自宅浪人ツナヨシさん

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170406210437j:image

 

最後は冬から受験、浪人生活もラストスパート!と言いたいですがまずは10月。そこまで緊迫はしてない時期なので精神的にはダルダルなのですがそれ、ダメなんです。10月。なにがある?センターの申込です。

 

学校も塾も行ってない浪人生は情報収集命なのですが、そりゃ私だもん。センターのことなんざ考えてませんでした。

結果気づいたのは申込閉め切り三日前。分かったときは汗が吹き出ましたね。



f:id:shouguntuyayoshi:20170407205517j:image

絶対コイツらも気づいてないと命の連絡網を回したら案の定受話器からピングーみたいな奇声が響きました。しかし申込閉め切り一日前にそれと知ったKKは結局間に合わずにセンター受けてません。浪人生の皆さん、本気で気をつけてください。

 

それが終わってもホッとできないのです。11月から12月はラストの模試ラッシュ。


f:id:shouguntuyayoshi:20170407210200j:image

 

私は期待を裏切らない。うっかりで受けてない模試がいくつあることか。2回目ですが浪人生の皆さん、例え誰かと入れ替わってなんやかんや町を救うことになっても模試情報だけは気にし続けてください。

 

 

受験も終わりに近づいてくると成績は安定してきて

 

英語

マーク→8割5分

記述・早慶プレ→6割5分~7割

 

 国語

マーク→8割5分~8分

記述・早慶プレ→7割5分

 

日本史

マーク→9割

記述・早慶プレ→7割~7割5分

 

偏差値は70そこそこ、早稲田の判定はB~Cに落ち着きました 

 

ぶっちゃけ、結構期待してました。B判定は受かるわと。そして2016年がついに終わり2017年1月。新年明けましてのセンター試験に自信を持って挑みました。

 

結果は

 

英語→172/200

リスニング→40/50

 

国語→178/200

(内訳 現代文:100 古典:40 漢文:38)

 

日本史→75/100

 

 

日本史が謎の転け方してますがまあ模試通りの概ねオッケー。ぶっ川こき吉はなになになに、全通しとかしちゃうんじゃないのぉ?と日本史転けてるくせに鼻フンフンいわして各大学の入試へ。

 

そして試験をゴリゴリ受け・・・

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170407213200j:image

 

大概顔真っ青にして帰ってきました。

 

手応え、ない。わたあめよりふわふわ。なんで?赤本では悪くなかったのに・・・。そんな考えがぐるぐるドクドク身体中を巡ってました。でもそんなこと次の日には忘れてました。バカっていいですね。寝れば脳みそクリーンですからね。

 

試験自体は緊張もせず試験前の待ち時間とか手遊びでトランプ大統領の横顔とか作り出してました。

 

そしてようやく全試験が終わり受験から解放!ともまだいかない。メイン中のメイン、合格発表が試験終了の当日からあったんですよ・・・。

 

最初は一番手応えを感じられなかった学習院の文学部。戦々恐々というかもはや諦めの気持ちで発表のページを開きました。

 

 

 7034

    7042

 7054 

 

受かった。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170407215128j:image

 

空を仰ぎ、スマホの画面を拝んだ。

 

母は飛び、私は暴れ、猫は逃げました。爆発のような歓声に驚いて部屋に飛び込んできた姉の顔は多分一生忘れません。そりゃ驚くわ。上に跳びはねる母に下で回転してる妹がリビングにいるんだもん。上下の空間上手く活用して喜び表現してますからね。

 

受かると全く思ってなかったのに受かった。幸せでした。めちゃくちゃ安心しました。手応えは感じられなかったのにきちんと受かってる。多分他のもきっとそうだ。この時ばかりは心臓いっぱいの嬉しさを抱えて他の発表を待つことができました。

 

 

その後次々と結果は発表され、

 

東京女子大学 センター利用→⭕合格

日本大学 センター利用→⭕合格

法政大学 センター利用→❌不合格

法政大学 一般→❌不合格

明治大学 一般→⭕合格

 

法政大学だけ頑ななほど合格させてくれませんでしたがそれ以外は合格。この時、現在通っている明治大学にも合格しました。

 

そして本命の早稲田。

 

 

早稲田大学 文学部→❌不合格

      文化構想学部→❌不合格

      教育学部→❌不合格

 

 

全部、ダメでした。もう言い訳もありません。私の努力、能力が達してなかったのでしょう。3学部受けて見事に玉砕いたしました。

 

親に報告したら「お疲れ様」と微笑んでくれました。

私はなぜか泣けませんでした。落胆はしたけど悲しくはない。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170407221544j:image

 

掠れたような感情のまま、応援してくれた友達に「結局明治大学っていう微妙な結果に終わっちゃった!笑」なんて自虐もこめて連絡をしました。

あーあ、受験終わった終わった。もう好きなことをしよう。早稲田落ちたし。この1年なんだったんだろうな。

なかば投げやり気味ににスマホを離そうとしたとき、友人の返信が目に入りました。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170407222456j:image

 

 

明治大学を微妙と思えるのもツナヨシの努力の結果だね。」
 

f:id:shouguntuyayoshi:20170407222520j:image
 

「浪人してよかったね。すごいことを微妙って言えるくらい頑張ったんだもん。」

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170407205505j:image

 

浪人開始から1年間で初めて泣きました。そうか私は頑張ったのか、それがちゃんと実っていたのか、じゃあ浪人してよかったな。そう思えました。すごく嬉しかったです。不合格だから泣いんじゃなくて頑張りきれたことに泣けたのが嬉しい。

 

早稲田に落ちたから明治に行くんじゃなくて、努力したから明治に行くんだと、この時ストンと納得できました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして春が来て

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170407223822j:image

 

 

私は大学生になりました。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170407224644j:image

 

 

ガイダンスは面倒だし履修登録は意味分からないし宅浪経験でぼっち耐性つきすぎて一人で行動してたらいまだ友達0だし、とかく忙しくて崩壊一歩手前です。

 

でも、楽しいです。頑張ったから。

 

 

 

 

自宅浪人ツナヨシさんはこれで全講義終了と相成りますが、長々と、本当に長々とありがとうございました。最後の方とか感情大爆発でちっとも面白くないですが、頑張ったら第一志望落ちようがなんだか悪くない結果になるよ、ということをどうしても伝えたかったのです。

だから宅浪!えーっと、特に言うことはないですが、勉強勉強の無味乾燥な1年を過ごしてください。それが正解です。そのあと悪くない未来が待ってます。

 

 

 

 ここまで読んで下さりありがとうございました。自宅浪人ツナヨシさんこれにて閉講。

 

 

おさらば! 

 

 

【第3講】自宅浪人ツナヨシさん 終

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【第2講】自宅浪人ツナヨシさん

 

皆様 こんにちは

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170402192001j:image  

 

天狗の面に眼鏡をかけると人間っぽさがめちゃくちゃ上がることと、姉に酷似することを発見したツナヨシです。

 

正確に言うとスッピンの上に機嫌の悪いときの姉なのですが、「実はこの人お姉ちゃんなのよ」と言われても頷くほど似てる。

 

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170402192414j:image

 

さて、前回の記事「【第1講】自宅浪人ツナヨシさん」では最初の模試の成績が良くぶっこき始めたところまでやりました。

 

今回は夏から秋+α。特に動きのない季節なのですが、浪人生は一番だれやすい季節でもあります。そんな時期に調子に乗ってるツナヨシはどうしたのか?

 

宅浪の生態を偏差値5でお届けする第2講、開講です。

 

 

 

【第2講】自宅浪人ツナヨシさん

 

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170402193838j:image

 

今回は夏から秋、6月から9月にかけてをやっていきたいと思います。

 

といっても、勉強スタイルは一年を通して特に変わらないので一日をどのように過ごしているかを拾っていきましょう。

 

 

【浪人の一日】

6:00~7:00 起床

やはり宅浪は生活リズムをいかに崩さないかはカギになります。

私もそこまで朝は強くないのですが、同じ部屋で寝ている祖母がこの時間になると「朝やで!!!起きや!!!」と関西弁で叫び、ラジオ、テレビの音量をマックスにするという強攻に出るので生活リズムは崩れませんでした。

 

10:00~13:00 勉強

 

夏から秋は図書館に行って勉強することが多かったです。午前は頭が働くので赤本や英語の問題など重めの勉強をするようにしてました。

 

13:00~14:00 昼食

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170402195044j:image

 

基本的に近くの公園で昼食を取っていたのですが、夏なのでクソ暑い。しかもその公園はホームレスの縄張りらしく、木陰という木陰は占拠されてるのでギラギラ輝く太陽の下、鳩につつかれつつかれ食事してました。

 

 14:00~19:00  勉強

休み休み勉強。国語や日本史の問題を解いたりしてました。ここからじわじわ集中力がなくなるので日本史などの軽めの勉強にし始めます。

 

 

19:00~22:00くらい マクドナルドで勉強


f:id:shouguntuyayoshi:20170402205711j:image

 

図書館が7時に閉まるのでちょっと早く切り上げて毎日のように7時ぴったりにマックに向かってたら、店員内でのあだ名が時報になりました「あ、時報来たから俺シフト終わりだわ。」という会話が聞こえて来たときはさすがに毎日来てミルクティーのSしか頼まないことを申し訳なくなりました。

 

マックでの勉強はその日やれなかった勉強や暗記物を中心にやってました

 

 

22:00~12:30 自由時間、のち就寝

 

もう一切勉強せずにアホみたいな顔してゲーム実況者の幕末志士さんの動画を見てました。幕末志士・坂本さんはスーパーストイックなので刺激をもらえましたし、この人の黒歴史の動画は本気で元気もらえます。本当に。見てください、お願いだから。

 

明日も早いので12:30には就寝。そしてまた似たような一日を送るのです。

 

 

こんな感じで日々勉強をしていましたが、この時期成績はまったく伸びませんでした。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170402212717j:image

 

しかしあんまり焦りはなく、いつか成績が伸びると思って大事な英語で142/200点とかとってたくせに特に動揺もせずでした。

 

成績の伸び方はそれぞれだと思うのですが私は階段状、つまりしばらく成績は動かず急にグンと上がるタイプだったのを知っていたので、今は動かない時期だと了解してたのです。と塾のチューターに切々と語り自分にも言い聞かせてました。

 

成績は秋の終わり頃無事上がりました。

 

 

夏から秋の勉強はつまらんものなのでこれくらいにしましょう。 

 

お次は+α部分。勉強してない浪人生ってどう過ごしてるの?という素朴な疑問を私の塾仲間を例に見ていきましょう!

 

 

Case1: KK 


f:id:shouguntuyayoshi:20170402213915j:image

 

高校の時の友人KK。こいつはチャラ男なのですがモテることモテること。モテる男は何しますか?遊ぶのです。

勉強せずに遊んだ男は現在消息不明。他の友人に聞いてみても誰も行方を知らない・・・。そんな恐ろしすぎる進路のKKとのラストコンタクトは代ゼミでした。

 

どうやらKKはメンヘラに好かれて塾まで追われているとのことで、本物の彼女を巻き込む訳にはいかないので私に彼女のフリをしてくれと頼み込んできました。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170402214751j:image

 

とりあえず写真を撮って送ってみたのですが、「嫉妬してるの?私、浮気なんてしてないよ♥」というぶっ飛んだ返信が返ってきましたね。

メンヘラさんは自分がKKの彼女と思いこんでるみたいでいっこうに話は噛み合いませんでした。

 

後日「君は俺の彼女のではない」ということを真剣に説明し解放されたらしいですが、最後に会った日には私♥KKアルバムを渡されたそうです。

 

その後のKKはよく知らないのですが、たれ込みによると女関係で大変なことになってるとのことです。消息不明というのは刺されたとかも無くもないのでもうKKの話は止めましょう・・・。

 

 

Case2: N君


f:id:shouguntuyayoshi:20170402215919j:image

 

勉強するする言いながら結局しなかった男N君。今回二浪という結果に終わったN君ですが、彼は発言が素晴らしいのですよ。

 

例えば「勉強してないけどまた落ちたらどーすんの」と聞くと、

 

「途中がどんなに悪くても結局上手くいく男だよ、俺は。」

 

と地下鉄の薄暗い照明に照らされて言ってました。倒置法を上手く使った名言ですよね。ラストの「俺は。」が最高。

 

他にも

 

「んー、爆ぜた。」

         ~センター後の一言~

 

「死んだ」とか「終わった」ではなく「爆ぜた」。刹那的な生きざまが窺えます。

 

「受けたとこは受かったよ。ただ思うとこがあってさ。」

          ~受験が終わって~

 

嘘つけ。

 

 

 

男子ばっかかと言われればそうではないのですが、女子はあまりにもガチで何も聞けないのです。お察しくださいませ。

 

 

勉強をしない宅浪はこんな感じになります。なべて言えるのは宅浪で怠けると人間に戻るのが難しいということ、宅浪といえど人に監視されるべきということです。

 

私はたまたま環境に恵まれたので勉強を続けられましたが、気を抜くとサボってしまいますし簡単にサボれます。

 

上に出した二人も元々そんなに弱い人ではないし、頭の出来は私よりずっと、ずっとずっと良い。でもダメになった。地獄の宅浪は自分が地獄を作ってしまうのです。

 

 

暗い話になってしまいましたね。ブラックゾーンは本気の真っ暗闇なので以上にします。

 

 

さて、ずいぶん長くなりましたが次回の第3講はついに最後の講義でございます。厳しい冬を疾走し目前に立つは大学の門。冬から受験編、ゆるゆるとフィナーレへ。

 

 

~【第3講】自宅浪人ツナヨシさんへ続く~