ツナヨシのやつ

普通の女子大生のブログです

タイ旅行記!【3日目】

 

こんにちは!鏡も見ずにコーディネートして家を出ようとしたら後ろから母に「鷹の爪団…」と呟かれ、通りすがりの人に「秘密結社…?」と言われたので一抹の不安を抱えながら学校にいるツナヨシです。

f:id:shouguntuyayoshi:20171018134151j:plain

↑鷹の爪団

思い返せば確かにロングスカートにハイネック、革ジャン革ブーツでパソコンを持ってたので悪の組織検定があったら3級くらいとれるファッションしてました。ユーキャンで悪の組織講座とか開かれてたらご一報ください。

 

さて、前回のおさらいです!

 

shouguntuyayoshi.hatenablog.com

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171007213121j:plain

 

タイ観光名所ツアーに参加した私と友人のたまちゃんは場所も店名も不明のお店で昼食を取ったあと

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171009105721j:plain

 

アユタヤ王朝の遺跡を巡ったり、

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010075741j:plain

 

象に揺られたり

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010102107j:plain

 

ライトアップを見たりとツアーをこれでもかと堪能しました!

 

しかし頭空っぽで楽しんだ我々は明日のことを大して考えてなかったので3日目の観光ルートが分からないまま就寝。こんな奴らが異国で1日歩き回れるのか?あんまり賢くない女子大生が行くタイ旅行記第4弾!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018135515j:plain

 

タイ旅行記!【3日目】

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018135659j:plain

 

…はようございます。疲れが抜けず異様に白い顔で失礼します。

ついでに昨日の顔は、

f:id:shouguntuyayoshi:20170920153138j:plain

これ。めっちゃくちゃに笑顔ですがこれはツアーに参加するので脳味噌詰めなくても楽しめる安心感からのあほ面なのです。

 

昨日の夜疲れと眠気とルートを考えるめんどくささで今日の自分に丸投げして寝た結果真っ白な顔での起床です。私たちの旅のルートを考えてくれる小人さんはいなかったのですね・・・。

 

しかしいつまでも悲嘆に暮れている場合でもないので一応着替えてホテルの人に行き方を聞いてみることにしました。

 

私「I want to go to this place.(水上マーケットを指さす)please tell me way to go.」

     (ここに行きたいので行き方教えて下さい。)

 

ホテルの人「yeah,market?〇△×~!□〇□△、I call a taxi!

f:id:shouguntuyayoshi:20171018144723j:plain

「え?」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018144802j:plain

ホテル「タクシー呼ぶわ!」

 

待て待て待て。

 

え、ちょっと待って、タクシーってあれでしょ?超高いでしょ普通。初乗り730円とかでしょ?しかも私たちが行くところは車でも1時間はかかるし、旅行客から金をふんだくるこの国でタクシーなんざ乗ったら大変なことになるやんけ!!!

 

私「ちょ、ウェイト。ちょっとウェイト。いくらですかそれ、ハウマッチ!?」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018144834j:plain

ホテル「往復二人合わせて1000バーツ!(約3000円)」

 

やっす。噓でしょ。

 

待ってください。往復二人合わせて1000バーツ、つまり片道一人750円はさすがに安すぎる。バンコクのホテルから水上マーケットまで約90キロ離れてますので、東京のタクシーだったらは片道で3000円くらいです。それを750円で…しかも話し合いの途中ですでに電話は掛けられていたので即行来たタクシーはタクシーというかバンでした。中は広いしクーラーガンガンです。当初人がギチギチに乗る上にクーラーも望めないバスに乗る予定でしたが、棚からぼたもちどころか棚から金塊レベルの幸運で私たちは快適な旅を手に入れてしまいました。

 

ホクホク笑顔で乗り込んだ車は日本車でめちゃめちゃ慣れ親しんだ乗り心地でした。まぁ100キロぐらい出てるのにシートベルトはぶっ壊れてましたけどね。

 

フレンドリーなお兄さんドライバーの運転でスイスイ進み1時間と少しで水上マーケットに到着。車を降りると川のほとりで観光ボートの業者が一斉に立ち上がりました。

 

そうなのです。実はここからが真の戦いなのです。水上マーケットはマーケットも観光ボートもめちゃくちゃぼったくるので値切り合戦、日本人の甘ちゃんなのにガチバトルをしなきゃいけないのです!ついでにたまちゃんは英語に関してはポンコツなので旅での会話は一切私が受け持ってました。

 

私「観光ボート乗りたいです。この一番安いコースでお願いします。1時間でただ水路を巡るやつ。

 

クールなお姉さん「オッケー分かったわ。てことは2時間でこことこことあれも巡って締めに象乗るやつね!完璧!」

 

私「いやいやいや、違います!それ一番高いやつでしょ!こっち!」

 

お姉さん「あら…。こっちじゃないのね…。てことは水路巡ってここ行って象乗り体験しかやらないのね。

 

私「ここ行かない、象乗らない、オッケー?私達、象、昨日乗った、オッケー?一番安いやつね?このコースですから。」

 

お姉さん「しょうがないわね…。分かったわ。何も寄らないで、2時間のコースね?」

 

私「1時間のやつだって!!!」

 

こんな感じのコース決めディベートの結果、ようやく一番安いコース(でも恐らく相当ぼったくってる。)を手に入れた私たちは木造りの観光ボートに乗り込めました。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018153916j:plain

 

ボートでの観光は最高でした!陸の道の同様に張り巡らされている水路には観光地の作られてる感だけではなく生活の跡が見えますし、川岸には民家も普通に建っていて、個人で所有しているであろうボートなんかが見えると本当に水上で暮らしているのかと感動してしまいました。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018154424j:plain

私たちが乗ったボートも伝統の手漕ぎボートかと思いきやまさかのエンジン搭載式で、見てくださいこの飛沫。大通りにきたらボートというよりも水上バイクレベルのスピードで河を飛ばしてました。一瞬船体浮いたからね。速すぎて。完全に観光のスピードではありませんでした。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018154934j:plain

路地に入るとこんな感じで出店が水上に乗り出して軒を連ねています。なにか買いたければ船を止めてもらうのですが、私たちは止めてと声をかけるのが絶望的に下手くそだったの毎回バックしてもらってました。船の運転手さんも舌打ちしてた気がするので皆さんはタイに行く際は「ストッププリーズ!」とタイミングよく言う練習、略してストプリ練習をしてから行くのがおススメです。

 

前にも言った通りこのマーケットはぼったくり率が異常に高く、元値の1000倍とか吹っかけてくるので私たちはワンピース一着とココナッツの石鹸だけ買って食に徹してました。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018155947j:plain

ココナッツジュースに

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018160030j:plain

ココナッツアイス。これはめちゃくちゃ美味い。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018160116j:plain

私「あちっ!あっち!」

水上生活者のソウルフード、舟そばは・・・

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018160224j:plain

「あはははっはっははは!!!ふーへへへへへ!!!」

たま「ヤベ―奴だ。」

 

爆笑するほど美味しかったです!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018160620j:plain

迫り出す店に船で行きかう旅行者、物凄い手際の良さでマンゴーをさばくおばちゃんなど水上マーケットはほんとに見ていて飽きませんでした!

 

また宙に浮くほどのスピードで舟で帰路に着き、「ここの寺はもちろん寄るよね?」という最後の勧誘を何とか断って船着き場に戻ると先ほどのお姉さんが手を振りながら「写真!写真!ポーズ取って!」と言っていたので、言われるままにピースしてしまいました。

 

お姉さん「はいこれ!撮っといたわよ!もう作ってあるから!写真プレート!」

 

私「えーーー、あーーー、どうしよ・・・。」

 

お姉さん「思い出思い出!たった300バーツよ?」

 

私「300バーツかぁぁぁ…」

 

お姉さん買うよね??安いよ?300バーツだよ?もう作ったし!!」

 

私「じゃあ買うよ!!!もう!!!」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018161753j:plain

買っちゃった。

最後の最後でお姉さんに押し切られてしまいましたが、私は負けたとは思ってません。つーか買ったからにはめちゃめちゃ活用するからな!末代まで飾っとくわ!ずーっとリビングに置いとくわ!たまちゃんもいるけど!

 

若干疲弊しつつマーケットと違って良心的なタクシーのお兄さんの元へ戻ると、「近くに首長族がいるんだが見ないか?」という提案が。これはそこ寄ることで観光料とか言って金取るやつか?と身構えたらなんと料金を上げることなく寄ってくれるそうな!

テレビでしか見たことないあの少数民族が見られるんだったら行こう!ということで首長族が駐在しているテーマパーク的なところへ。

 

私「て、なんだこれ。」

たま「さすがに意味わからん。」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018164146j:plain

 

謎のマーベルキャラクターがたくさんいるところへ到着。

 

しかもウルトラマンもいるからそうでもないし。

首長族がいるとは到底思えないところへ到着した私達は混乱を隠せないまま園内を進みました。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018164524j:plain

 

運動場程度の広場にはこんな感じでかっちょいいマーベルのヒーローたちが並び立っているのですが、周りは芝生だし花が咲き乱れてるし随所に羊の置物は置いてあるしで牧歌的この上ないんですよ。正直全く世界観があってなかったので笑いしかこみあがりませんでした。つーか首長族はどこ行った?

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018164854j:plain

頭身がぬるっとしてるスパイダーマン

 

ひとしきりふざけ回ったあとこの広場の奥に首長さん達がいると知ったので入場料を払って向かいました。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018170743j:plain

 

中は衝撃的なほど閑散としていました。客は私とたまちゃんのみ。

ここでは女性たちが作ったアクセサリーやスカーフなんかが結構安く売られているのと、希少な民族とまさかのタダで写真を撮らせてくれる(タイの観光地では珍しい)という良施設なのにガラガラでなんだかもったいない気がしました。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018171431j:plain

首長さんと。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018171541j:plain

若い人はまだそうでもないのですが、ご年配の方はめっちゃ首長い。実際見た私は「んおお…。」と声を上げてしましました。ていうか後で気が付いたのですが左の女性、首長族の中だったら相当有名な方でした…!首長族で画像検索するとこの人がわんさと出てきて、また「んおお…。」ってなりました。

 

灼熱のタイをうろちょろした私たちは3日目ともあってもうヘロヘロのプスプスです。二人とも空気の抜けた浮き輪みたいなテロテロ具合でタクシーに乗り込みたいした会話もなく寝て車内をすごしました。ついでに途中でエアコンが切られて車内がすさまじく暑くなり、私はジャムおじさんに窯に入れられ「君が次のアンパンマンの顔になるんだよ。」と言われる悪夢を見ました。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018173714j:plain

青空と大地がどこまでも広がる国道をズンズン進んで1時間。ホテルに一時帰ってきた私たちはベットに倒れ伏しました。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018174054j:plain

たま「づかれた…」

私「疲れとか通り越してる。成仏5秒前。」

たま「癒されたい…」

私「…マッサージ屋とか行く?」

たま「行っちゃう??」

私「行っちゃう?マッサージ屋で全身マッサージしてもらっちゃう!?!?」

たま「もらっちゃおうぜ!!」

私・たま「ウェーーーイ!!!」

 

マッサージ屋に行くという素晴らしい天啓で即席のウェイ系になった私たちは一旦シャワーを浴びていそいそとマッサージ屋へ向かいました。

タイは物価が低いので全身マッサージを受けても1000円ちょいなのです!そうるるぶにも書いてありましたし、そんなの行くしかないでしょう!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018175123j:plain

近くのショッピングモールで焼肉とオムライスとカレーを組み合わせるという元気な小学生が考えたみたいな料理でお腹を満たし電車に乗って数駅、安くてうまいと評判のマッサージ屋にたどり着きました。ついでに地図については私がポンコツなのでたまちゃんが頑張ってくれてます。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018175654j:plain

 

着いたら早速施術。手術着のような服に着替えて寝転がると筋骨隆々のおばちゃん2人が奥から現れのっしと台に上がってきました。

 

私「あーーーきもち…いた!痛い痛い!んへへへっへ(なぜか笑ってしまう)痛い!!!」

おばちゃん「ハハハハハ」

私「いたたたたた!!!」

おばちゃん「アハハハハ、ガマンガマン、シンボウネ~。」

私「辛抱ね!?」

 

日本語は一切しゃべれないのに「辛抱」という単語は知っているおばちゃんから1時間ほどの施術を受けすっきりしたら時刻はもう7時近くです。

地下鉄で1駅くらいのところに鉄道市場という若者メインのマーケットがあるそうなので向かうことに。しかし…

 

たま「あれ、なんか活気なくない…?マーケット近いんだよね?」

私「駅でてすぐって書いてあるのに全然気配もないけど…。」

たま「待って、なんかやな予感する。…あ!月曜定休日って書いてある…!今日は…!?」

私「月曜日でっす。」

たま「だぁああああああ!!!!!」

 

鉄道市場、やってなかった。

タイに行く前に「絶対行こうね」とるるぶのページを折り曲げた鉄道市場、やってなかった。完全にリサーチ不足、というか書いてあるのに読んでなかった私らの注意力のなさがここで光りました。

f:id:shouguntuyayoshi:20171018181722j:plain

しょうがないので近くのショッピングモールでやってたバザールで買い物欲を満たし、上の階のアイスクリーム屋で慰めアイスを食べて帰ろうとしたときです。

 

たま「(窓を指さしながら)!!!ちょっと!!!あれ!!!」

私「なにさー?」

たま「鉄道市場やってない!?!?」

わたし「はぁ???…!!!!!やってるわ!!!」

 

鉄道市場、やってた。

階下に見える色とりどりのテントの明かり、行きかう大勢の人々、鉄道市場やってます!!!!

何のからくりか分りませんが月曜日であるにも関わらず開いていた鉄道市場。喜び勇んでエレベーターから降りて市場のほうへ駆け寄ります。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018182401j:plain

私・たま「ウェー―――――イ!!!」

 

即席ウェイ系再び。ついでに私たちは中学時代美術部の部長(私)と副部長(たまちゃん)です。お父さん、お母さん、見てますか。アニメの話しかしなかった私たちは今立派に「ウェイ」と叫んでます。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018182557j:plain

広大な鉄道市場に並ぶのは主に服飾関係とB級グルメ。観光客もたくさんいますが地元の若者向けでもあるので服が安い!私はTシャツ、たまちゃんはバックを買ってました。

 

存分に楽しんだ私たちは10時も半分過ぎたので帰ることに。しかし問題が発生しました。終電が分からないのです。電車の時間を調べるなんて自国内にいるときすら欠かさないのが当たり前なのに外国でやらかすあたりに頭の緩さが滲み出てる。

 

とは言っても、ずっとそこにいるわけにもいかないので私たちはある決断をしました。それはタイ名物「トゥクトゥクに乗ることです!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018184102j:plain

トゥクトゥク

ドアも窓もない車体でかっ飛ばす三輪自動車、それがトゥクトゥク。町で普通に走ってるところは見てるのですが、なんとなく二人とも乗ろうとは言わなかったトゥクトゥク。タイに来て3日目、満を持してトゥクトゥクデビューです!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018184605j:plain

「アがががががガガガが」

たま「ひえひえひえひええひえひええへぇへ」

がっこん!!(車体が道のくぼみで跳ねて浮く)

私「ナンマイダ――――!!!」

 

マジで死ぬかと思った。マジで。なんであれ規制されてないの?死ぬよ?吹っ飛ばされて。吹っ飛ばされ死ってなんだよ。死因としてあんまりメジャーじゃないよ。

 

 

「いい思い出になったね。もう一生乗らないしね。」と互いに言い合った我々は這う這うの体で部屋に飛び込むと、シャワーを超スピードで浴びると死んだように眠りにつきました。

瞼をよぎるのはオカマに象に巨大な遺跡、複雑な水路に死にかけたトゥクトゥク。たった3日しかいなかったのにとんでもなく濃い3日間。それも明日で終わりです。少し、いやすごく寂しい気持ちが沸くー事もなく0.5 秒で寝た私たちの旅も明日で4日目です!

旅行に行く前に書いた予定表には「4日目ー町をブラブラする」というアバウトな指標しか書いてありませんが、ラスト一日、もちろん全力で楽しみますのであともう一作お付き合いください!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171018190255j:plain

おさらば!

 

タイ旅行記!【2日目】~その2~

 

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171007205735j:plain

 

こんにちは!久しぶりに勉強しようとしたらものすごい勢いで猫がやってきて2秒で寝たので本日も勉強時間0分のツナヨシです!

猫のほうはさんざん写真を撮ったあと机から降ろしたら「アァ゛。」と鳴き一発私に頭突きをキメて去っていきました。なんなんだ。

 

 

 

さて!前回、「タイ旅行記!【2日目】~その1~」のおさらいです!

shouguntuyayoshi.hatenablog.com

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920162447j:plain

 

壮大な寺院を見ては

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920162825j:plain

 

うんこを探すという低レベルな観光を続けて約半日。

暁寺院エメラルド寺院、巨大な涅槃像で有名な涅槃寺などを巡ってお腹ペコペコな私と友人たまちゃんはお昼に向かいます。

 

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171016140126j:plain

 

タイ旅行記!【2日目】~その2~

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171007213121j:plain

 

 モザイクいらないくらいボケてますが全部ガイドのせいです。実名でディスろうとしたんですがあいつ、名前複雑すぎて聞き取れなかったので名前が分かりません。悔しいですね。

 

着いたのは立派なホテルに入っているレストランです!場所も、店名も不明ですが美味しかったですよ。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171007220633j:plain

なぜか店名は書かれず急にファミレスのメニューみたいになる旅行行程表

 

 

そしてすみません!料理はもっともっと豪華でたくさんでたのですが、フォルダを見たら消去されてて、

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171007221105j:plain

 

「おしゃれな友達の家のスープ」みたいなロブスターの煮込みと

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171007221715j:plain

 

カメラの色覚狂って地獄で収穫したみたいなデザートの写真しか残ってませんでした・・・。

 

他にもピリ辛のチャーハンや炒め物などなどどれも美味しい料理ばかりでタイに行った際はぜひ行ってみください!なんて名前かどこにあるのかも分かりませんが。

 

昼食を終えたら今度はアユタヤの方面へ。バンコクからアユタヤまでは1時間ほどかかるので移動中の車内は午前の疲れを除くために寝静まっていました。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171008000557j:plain

私達はというと私が念願のサングラスを手に入れてハイになってるのと普通にバカなので移動中も元気いっぱいでした!表情筋は非常にうるさいですがこれを撮っている間は終始無言です。みんな起きちゃうからね。バカ、そこらへんはちゃんと考えるからね。

 

 

「大学の授業でこんな映画見たけどすごくよかったよ。」など、日本でやってろという会話をしながら移動していると周りの景色はビル街から荒原地帯に変わり、石造りの遺跡がちらほらと見えるアユタヤに到着しました。アユタヤでは「ワット・プラ・マハタート」、「ワット・プラ・シー・サンペット」、「ワット・ヤイチャイモンコン」のアユタヤ王朝遺跡三本締めを見学しに行きます!

 

たまちゃんから「予習してきたけど、外観めっちゃインディー・ジョーンズ」と言われインディー・ジョーンズの映画サントラまで聞かされてから車を降りた私は驚きました。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171008002412j:plain

 

テッテレッテー♪ テッテレー♪ テッテレッテー! ♪テッテ♪ テッテーレーッ♪

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171008003319j:plain

テッテレッテー♪ テッテテー!♪ テッテテーレテーレテ―――テテ――――♪♪♪

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171008003712j:plain

 

インディージョーンズだ・・・!

 

いや、そんなにインディ・ジョーンズ詳しいわけでもないけど佇まいがインディでジョーンズ。どっかのレンガ動かしたらゴゴゴゴゴゴゴって秘密の入り口が出てくるだろうし、内部には古代の生物が眠ってるでしょう。

 

 

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171008010558j:plain

「これがワット・プラ・マハタート・・・!ミャンマー軍に蹂躙されたアユタヤ王朝の遺跡ね・・・」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171008010058j:plain

 

???「サレ・・・人間・・・ミャンマー・・・」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171009104537j:plain

「!?⁉⁉あれは…!失われたアユタヤの民…!?タンクトップにジーパンだわ・・・!」

f:id:shouguntuyayoshi:20171009104716j:plain

 

「通気性二 スグレテイル カラナ・・・ジーパン ハ チョット 暑イケド、虫トカニ 刺サレタラ ヤダシ・・・.。ソレハソウト、オマエ、ニンゲン・・・サレ・・・!」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171009104905j:plain

「そんな合理的な古代人いる?」

 

 

 

茶番は置いといて、アユタヤの遺跡は「異国」感と歴史が詰まっていて日本では味わえない壮大さがありました。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171009105721j:plain

 

これはワット・プラ・マハタートの寺院の一つなのですが、アユタヤ王朝の際にミャンマーに侵攻され、崇拝の対象となる仏像が見せしめのために多く壊されて今もなお地にその残骸が転がるという凄惨な歴史を持った場所なのです。しかしさすがはかつての大寺院、神聖さはそのままでした。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171009110848j:plain

首と腕のない仏像。こんなのがたくさんいる。

 

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171009110458j:plain

 

転がった仏頭が自然に木に取り込まれている様子が見られる所はフォトスポットになっており、敬意を表すために仏像より自分の頭が下になるように撮らなくてはならないらしいですね!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171009111557j:plain

 

古代遺跡を楽しんだらお次は象乗りです!実は行く途中像がちらほら普通に道路を歩いていて気になってしょうがなかったのです。たまちゃんに至っては予習として「星になった少年」見てきてますからね。インディ・ジョーンズといいどんだけ予習してきてんだ。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010074452j:plain

ちょっと歩くともういるんですよ!ほら!が!土産物のデザインみたいな象たちが!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010075059j:plain

 

私「でかっ!近っ!あんま臭くない!」

たま「わーーーーー!象!象!わーーーーーー!」

私「ヤバい、たまちゃんの言語野が死にかけてる。」

たま「わーーーーーー!!!」

私「うるせぇ」

f:id:shouguntuyayoshi:20171010075452j:plain

でも本当に近くに来てくれるんです!人に慣れすぎてておさわりし放題の愛想の大安売りでした!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010075741j:plain

 

乗っちゃった☆

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010075935j:plain

 

ちょっとボケてて分かりずらいのですが、象の上って相当高いんです。乗る時も高さ4mくらいの飛び込み台みたいなところから「さ、背中の座席に乗ってください。足場は象ですから。」というパワーワードを貰いつつ及び腰で空中に踏み出し、乗ってる最中もシートベルトとか一切なしでガンガン揺れる。しかも象使いがサービスなのかふざけてなのか分からないのですが土手のギリギリあと3センチで落ちるくらいを歩くので楽しいけど結構怖いんですよ。安全志向のたまちゃんとか言葉にしないものの終始「ふざけんなよ、この象使い」みたいな顔してました。どうでもいいですが象使いにキレてるのも面白いですね。タイにいると今までの語彙が崩壊していく気がします。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010082819j:plain

これはお店の人に取ってもらった写真です。たまちゃんが安田大サーカスみたいなポーズなのは置いといて、できた写真を店員さんが象の横でフォトショを使って色調加工してたのがちょっと面白かったです。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010083053j:plain

そして象使いがめちゃくちゃうんざりした顔してるのも含めて、象乗り体験、なんだかんだ最高でした!

 

 

ツアーも2/3は終えてそろそろ夜に近づく夕暮れ時、私達一行は最後の寺院ワット・ヤイチャイモンコンを訪れました!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010083828j:plain

夕焼けが神々しい!

 

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010083942j:plain

 

ここのメインはこの塔と涅槃仏なのですが、この塔、めっちゃでかい。

どれくらいデカいかというと、

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010084300j:plain

 

私がボディー全体を使ってふざけても

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010084339j:plain

 

あんまよく分かんないくらいでかい。たまちゃん曰く「神が降臨したのに無視されてるようだった」そうです。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010084537j:plain

ついでにたまちゃんはなぜか露出狂みたいなポーズをしてました。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010084958j:plain

ここは今もお坊さんたちが学習の地として利用しているらしく、仏にも黄色い袈裟がかけられ、お坊さんもちらほら歩いているところも見えました。

おまじない的なのも多く、自分が生まれた曜日の仏に油を掛けたり、

f:id:shouguntuyayoshi:20171010085627j:plain

花を供え、線香を焚べてさらに仏に金箔を張り付けるというオーバーキルレベルで祈ってきました!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010090005j:plain

 

わりとメインなはずの涅槃仏を「ああ、これこれ。見た?じゃあもういいね、行くよー」とかなり雑に通り過ぎ、

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010090212j:plain

 

時刻はもう7時近く。再び腹ペコになった私たちは夕食に向かいました!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010095125j:plain

 

夕食は家庭料理系で、これもまた美味しかったです!米あり魚あり野菜ありのタイ料理は全体的に日本人の舌に合っているのでどれもパクパク食べちゃいました。

 

タイにはシンハーという有名なビールがあるのですが、これがさっぱりしてて飲みやすいので女性にもおすすめです!ついでに写真は無くなっちゃったのですが、飲んでる時の私の表情はこの旅行1幸せそうでした。

 

食べ終えて8時くらいになると外はさすがにもう真っ暗。ツアーのラストはアユタヤ遺跡のライトアップ鑑賞です!再び車に乗って移動すると・・・

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010101346j:plain

私・たま「おああああーーーー!!!!!」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010101702j:plain

なんかすげぇ!写真の技術が無さ過ぎて伝わらないのですがライトアップなんてビルか桜しか見たことない私にはすごく感動しました!昼間に見たときは「遺跡」感が強かったのですが、ライトアップされてると妙に生き生きしているというか、「ああ、この建物が使われていた時代があるんだな」と感じられて過去が少し近くなったような感じがしました。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010102107j:plain

なんか荘厳さと切なさのある景色だったのでたまちゃんを座らせてみたら異常に似合ってて、「いい感じいい感じ!」と笑いながら心の中で息を飲んだのは秘密です。今度なんか困ってることはないか聞いてみることにします。

 

アユタヤとホテルまでは1時間半ほどかかるのであまり長いはせずに遺跡から出発し帰路へ着きます。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010103007j:plain

まだ体力があったので移動中の車内では「自撮りに映り込む幽霊ごっこ」をしてました。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010103210j:plain

 

噓です。フラッシュ焚いたら疲れで10歳くらい老けた自分がいたのでぼそぼそと会話をしながらゆっくり帰りました。

 

時刻は夜10時過ぎ。ようやく長く予定ぎっちりのツアーから帰ってきた私たちはさすがに無言で風呂に入り、さぁ明日も観光があるし寝ようと布団に、

潜り込めません。

なんと私たちは行きたいところはあっちだこっちだと決めていたのですがそこへ行く経路をほぼほぼ調べてきてなかったのです。カリプソしか行かなかった1日目とツアーで完全に組まれてた2日目はいいですが完全自由行動の3日目は自らが責任を持って行動日程を組まなくてはなりません。完全にダルッダルの体と脳味噌を持ち上げて作戦会議が始まりました。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010105949j:plain

たま「・・・行きたいとこ・・・、どこだっけ。」

私「水上マーケット・・・。こっからおよそ1時間半・・・」

たま「どう行くの・・・」

私「わっかんね。」

たま「同意~」

 

3日目のお目当ては小舟に乗って水路移動しながらお買い物できる水上マーケットなのですが、調べても確実なルートが全く分からないのです!どうやらバスを利用しなくてはならないのですが、そのバス停の場所もよく分からず乗り方も不明。まさに暗中模索状態。太陽の国、タイなのに。

 

結局1時間ほど調べたのですが確たるアクセスルートは分からず、「眠い」「明日のことは明日の自分がやる。」「ホテルの人が教えてくれるんちゃうか」という理由でぶん投げて二人そろって寝ました。

 

ルート未定のまま異国の地を歩くことになった私とたまちゃんはどうやって明日を過ごすつもりなのか?行き当たりばったりで行動するタイ旅行3日目!なるべく早く上げる努力はします!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20171010111706j:plain

おさらばバイバイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新大幅に遅れてすみません!

 


f:id:shouguntuyayoshi:20171006140234j:image

 

お久しぶりもお久しぶり、こじゃれた角度で写真を撮ってるわたくしツナヨシです。

 

なぜスーツかと言うと、今はバイトで塾の講師をやってるからですね!前まで居酒屋じゃなかったかと問われれば、あれは一ヶ月で辞めました。バイトが続かぬ女、それが私です。

 

 

さて!タイ旅行から早一ヶ月でたっているのですが、まだ二日目の半分しか書けてないことを謝りに参りました!

本当にすみません、私もさっさと書き終えたいのですが始まった学校の勉強に学園祭の準備、バイト、その他飲み会諸々で忙しくてなかなかできてないのが現状です・・・。もう少しお待ちくださいませ。飲み会行かずに書けと言われそうですが、飲み会は許して♥

 

 

謝罪だけして逃げるのもあれですので、載せられなかったタイ旅行のオフショットを載せて去りますね!

 


f:id:shouguntuyayoshi:20171006141510j:image

カリプソキャバレーのボーイズ

この人達もオカマだそうで、右の人の腰の捻りがいい感じ。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20171006141657j:image

カオス

 


f:id:shouguntuyayoshi:20171006141716j:image

ずだぶくろかと思ったら犬だった。どっかの王宮にデロンと寝てる。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20171006141812j:image

ヨガの仏像。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20171006141839j:image

結構キツいポーズでも涼しい顔してる。さすが仏。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20171006141926j:image

お前そんなキツいポーズでもないだろ。なんでそこまで顔歪んでるんだよ。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20171006142314j:image

涅槃仏の壁画。完全に世間話している。

「お前、駅にできたラーメン屋行った?」

「行った行った。クソ不味いな。三ヶ月で潰れるわ。」

 


f:id:shouguntuyayoshi:20171006142952j:image

エメラルド寺院。

そんなかんじでひとまずおさらば!

 

 

タイ旅行記!【2日目】~その1~

 

こんにちは!京都旅行から帰ってきて「ただいまー!」と元気よく言ったのに

父「お前のメシないよ。コンビニで買ってきて。」

母「 オ゛カエリッ↑」

猫「アア゛ーオ!!!」

 

という1名が挨拶でない、あとの2名が人外の挨拶が返ってきたツナヨシです!

あとで寝起きの姉から地を這うような「おかえり」をもらえたのですが、やはり人外の声でした。

 

~前回のおさらい~

shouguntuyayoshi.hatenablog.com

 

さて、さっそく前回のおさらいです。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910115339j:plain

 

犬面の友人たまちゃんと共に飛行機へ乗込んだ私は道中インド人のおっちゃんと会話を楽しみつつタイへ向かいました。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910150405j:plain

5時間のフライトののちタイのバンコクにあるホテルへ到着、早速ニューハーフショーが楽しめるカリプソキャバレーへ!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910152523j:plain

 

オカマwithB達のショーを存分に楽しんだ私たちは朝6時起床だというのに1時過ぎに就寝。翌日の体力はどうなる!

 

 

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920160731j:plain

 

 

タイ旅行記!【2日目】~その1~

 

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920153010j:plain

 

おはようございます。タイ時間午前6時30分、昨夜1時まで夜更かししてたツナヨシです。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920153138j:plain

 

めちゃめちゃ元気です。

 

時差ボケ?ぜーんぜんない!全然ないの×500くらいです。もう元気元気のぷっぷくぷーよ。歯茎みせて笑っちゃう。

 

本当に疲れを引きずってなくてよかったです。2日目はツアーで朝から晩までアチコチ行きますし、疲れたからちょっとカフェ寄ろうかなんてできません。

 

朝食もそこそこに早速ホテル前で待っている移動用のバンに乗り込みます!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920154724j:plain

 

まだ都会のほうなので日本とあまり景色は変わらないのですが、道路に等間隔に建てられている前国王の写真がやっぱり「異国にきたなー」という気分にさせてくれます。

タイは日本より信仰が篤く、また国王に対する敬意も深いので町中にこういった光景が見られるとガイドさんが説明してくれたのですが、「あの写真だいぶ若いときのだヨ。サバ読んでマスネ!アハハハハ!!」と言ってもいたので、国王のほうは若干噓だとも思ってます。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920155939j:plain

 

一時間ほどでバンが止まったのはチャオプラヤ川のほとり、水上バス乗り場で、中央に見えるのはこれから向かうワット・アルン(暁寺院)です!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920160202j:plain

 

ここからは水上バスで移動なので適当な席に座ったのですが、座った瞬間例のガイドさんが寄ってきて「撮るよ撮るよー!!」と写真を取ってくれたのですが、急に言われ過ぎてなぜか二人とも金に余裕ができ中年になってから調子に乗り始めたおやじみたいなポーズなのがじわじわきました。乗車料金40バーツ(120円)なのにね。

 

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920161231j:plain

 

あづい。

 

船を下りてワット・アルンの入口まで着いたはいいんですがとにかく暑い。日差しが痛い。サングラスを買ってこなかったことを心底悔やみながら本殿目指して進みます。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920162333j:plain

お、 見えてきましたね!さっそく観光しましょう!・・・?・・・!?

 

すごくない???

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920162447j:plain

 え、すごくない?金ぴか、金ぴかりん。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920162618j:plain

 金ぴかりんの・・・

(・・・んこ・・・)

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920162653j:plain

 

(ビック・・・ゴールデン、うんこ・・・)

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920162825j:plain

 

こちら立派なスモールうんこ。

 

満足しました。ありがとうございます。

 

 

小学生並みの感想ではしゃいでしまったのですが、実際本当にきらびやかさ、美しさに感動しました!
これらは王族の塔なのですが、金色の壁はメッキではなく本物の金。タイでは正式な場では金が使われるようで、肌に直接金箔を貼ったりもする金ぴか王国らしいですね。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170923150155j:plain

ワット・アルンはラーマ1世菩提寺。つまりお墓なのですが、贅を尽くした豪華さ、本当に「王様!」という感じで「そりゃひれ伏すわ」と真顔で話し合ってしまいました。

 

 

 

ひとしきり騒いだらお次はワット・プラケオ(エメラルド寺院)へ。
ここはワット・アルンと近いので車で5分ほどでついてしまいました。

 

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170922135142j:plain

 

私 「おっし行くべ!」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170922135322j:plain

私「お・・・」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170922135400j:plain

私「・・・」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170922135728j:plain


たま 「なにしてんの。」

私  「いや、本能がうずいちゃって」

たま 「バカじゃないの?」

私  「時折、自分でもそう思います。」

たま 「先進もう。」

私  「はい。」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170922140036j:plain

たま 「・・・」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170922141134j:plain

 

 

恐るべしワット・プラケオ、エメラルド寺院。ゆるキャラ(?)が多すぎて先に進もうにもいちいち反応してしまって一向に進めません!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170922141706j:plain

 

他にも装飾がきらびやかすぎて戦って衣装を傷つけたら金を請求されそうなタイ版の仁王様や、

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170922141932j:plain

 

像の前に募金箱が大量に置いてあって完全に旅人から財をむしり取るタイプの大黒様など、思わず「マジか!」と叫んでしまうような像がたくさんいました!

 

肝心の本殿に行きつく前に楽しみ過ぎていますが、やはり本命は裏切らない。目の前には壮大な白い塔がそびえていました。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170922142823j:plain

 

これ、CGでもなんでもなく実在の建物とか信じられますか?完全にRPGの世界、光の騎士が守る王の城です。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170922143402j:plain

しかし太っ腹なことに私どものような下賤の者でも塔に登ることは許されているので楽しんできました!城を支えているのは悪魔という謎のタッグ。猿は岩に閉じ込められたり城支えたり色々大変ですね。

 

そしてさんざん楽しんで塔から降りようとしたのですが、

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170923132532j:plain

 

階段急すぎ

びっくりしたわ。足ガックガクです。この写真は別に階段の途中で四股踏もうとしているわけではなく、普通に怖くてこの体制なのです。

上るとき「階段を上る」というか「よじ登る」に近い感覚だったので嫌な予感はしていたのですが、案の定でした。これ、仏様のための建物ですよね?えらいお坊さんとか上るやつですよね?だとしたら設計者は完全に階段から落としにかかってるとしか思えない傾斜でした。近くにいたタイ人のおばあちゃんも何か呟いていたので、多分「ざけんな。」と言ってたはずです。タイ語で。

 

 

なんだかんだ言いつつ運動神経のいいたまちゃんの5倍くらいの時間をかけて階段を降りたらまたまた移動です。大きな寺院は固まってますので5分程で次の寺院ワット・ポー(涅槃寺)へ!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170923140435j:plain

 

はい着きましたワット・ポー!若干巻きに入りましたがお許しください。行った場所が多すぎて1日目の半分にも達してないのです。これからインディージョーンズの世界にも行きますし、象にも乗りますので・・・。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170923141011j:plain

 

ワット・ポーの涅槃大仏は結構有名ではないでしょうか。こんな感じの広大な寺院の中に

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170923141148j:plain

 

金ぴか大魔王が寛いでいます。

 

でっかいの。すーごいでっかい。でーかいニート。すみません。このブログで仏教徒に本気で怒られる気がします。でも見てください、

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170923141531j:plain

 

この顔。でかすぎて柱の隙間から一部しか覗けないこの顔。目は合わないし薄っすら笑ってるんです。この人寝ながらバラエティー見てるよ。アメトーーク見てる。アメトーーク見ながら「ホトちゃん髪サラサラでいいなあー」って思ってる。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170923142030j:plain

 

そんなニート大仏と3ショットを取り終えたら次は賽銭入れ体験。賽銭なんて日本でもさんざん入れてるし新体験でもなんでもないと思うでしょ?でもここでは108回賽銭入れなきゃいけないんですよ。108と言えば煩悩の数。そんだけ入れれば煩悩なんて塵一つなく浄化しそうですね!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170923142759j:plain

 

~108回の賽銭中~

 

私「・・・」

たま「・・・」

私「どんな気分?」

たま「工場勤務。

私「私ね、エサやり。

 

列に並んで108個の托鉢にどんどんお金を入れるのは後ろの人をつかえさせないためにリズムゲーのようにリズミカルに入れねばならないので、厳かな気分になる前に作業に必死でした。しかし終わったらなかなかに達成感があったので私の煩悩も浄化したはずです!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170923143800j:plain

 

「腹減り死5秒前。」

 

無理でした。

 

 

そのあとはツアーに組み込まれてるショッピングに引きずられた後にようやくお昼ご飯です!壊れたおもちゃのように「お腹すいた」しか言わなくなったツナヨシは無事午後も乗り切れるのか?タイ旅行記【2日目】~その2~に続く!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170923144422j:plain

 

おさらば!

京都から帰宅中!【タイ旅行紀はもうちょい待ってください】

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170917145042j:image

 

こんにちは、ツナヨシです!

 

ただいま2泊3日の京都旅行から帰宅中の新幹線にいます!

昨日もホテルの部屋で飲みながらデトロイト・メタル・シティを観て一人でヘドバンの練習をしたのち就寝した私ですが、車内でも1缶飲んでしまいました。酔いどれ旅行最高。


f:id:shouguntuyayoshi:20170917150716j:image

デトロイト・メタル・シティ

 

 

ついでに同行者の友人は昨日のホテル飲み会では途中で寝て一時間後に急に起き出し、ホテルのクローゼットに入っていきました。としおくんのように体育座りしてる友人を引っ張り出してベットに放り投げたらピクリとも動かなくなったので、食べ終わったおつまみの袋をかけておきました。「全然記憶なーい!」と笑った彼女はまた車内で飲んでは寝てます。

 

かなりアホなことしてますが、若い内にしかできないので迷惑かけない範囲で楽しみます!とりあえず次にデトロイト・メタル・シティを見るときはデスボの練習をしておきますね!

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170917151448j:image

 

さて、そんなこんなで忙しくてなかなか次のタイ旅行紀が書けないのですが、あと2,3日で上げますのでもう少々お待ちくださいませ。

 では短いですがここらへんでおさらば。

タイ旅行記!【1日目】

f:id:shouguntuyayoshi:20170909190559j:plain



タイ王国
東アジアに位地する立憲君主国家であり、通称はタイ、現在の王はラーマ10世である。通貨はバーツ、人口は6718万人。物価が安く親日ということもあり日本人旅行者が多い。

 

 


お久しぶりです!行動力のある無気力人間ツナヨシです!
私の趣味は旅行と言っていいくらい旅行が好きなのですが、金もない時間もないの私は海外旅行には一度も行ったことがありません。

しかし、今回バイトにバイトを重ねついに初海外、タイ王国へ行ってまいりました!
旅のお供は小学生からの友人、たまちゃんです。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170909192711j:plain



たまちゃん
名前はたまのくせに犬を変態的に愛し、酒に酔うとリンダリンダを爆音で歌いだすバンドメンのギター。

たまちゃんは海外に2回ほど行っているのですが、友達同士は初めてということでだいぶワクワクしてました。

今回だいぶ長い記事、長いシリーズになってしまうのですが、ぜひお付き合いくださいませ。それではどうぞ!


タイ旅行紀!!

 

 日本時間 3:00

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170909193601j:plain



・・・はようございます。さっそくローテンションですみません。現在日本時間午前3時でございます。

なんでこんな漁師のような時間帯に起きてるのかというと、全ては金がないせいなのです。
集合時間の8:50に成田空港につけばいいので最短ルートで行けば起床は5:30くらいでいいのですが、金を惜しんで大崎から1000円で出てる成田直通バスに乗ることにしたので己の限界を超えて早起きせねばならないのです。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170909201848j:plain

 

といっても荷物詰めは終えてるので着替えてご飯食べるだけ、余裕の出発!あとは化粧道具を入れて、

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170909202609j:plain

スーツケースを閉めるだけです!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170909202609j:plain

 

「・・・?」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170909202727j:plain

 

「…閉じない?」

 

 

なんか、閉じない。全然閉じない。出発前30分前にして持っていくスーツケースが一切閉じないというハプニングに見舞われました。いや、ただの計画性の無さが招いた事故なのですが、めちゃめちゃ慌ててふためきました。寝ている猫の腹を逆立てるという全く必要のないワンアクションを挟むくらい慌てたのですが、何とか当初の倍ほど、私を密輸できるレベルのスーツケースを引っ張り出して急いで詰め直し、午前4時くらいに家を出ました。

 

 

日本時間 6:30

 

私が長方形になったレベルのスーツケースをえっちらおっちら運び大崎駅のバスターミナル到着、さくっとバスへ乗込みました。どうでもいいですが「私が長方形になる」っていったいどうゆう状況でしょうね。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170909205248j:plain

 

乗ったバスはリラックスタイプだったのですが、頭にカバーがかかるようになり洗脳されているみたいになるのが面白かったです。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170909210553j:plain

 

乗客総洗脳

 

たまちゃんとはまだ合流してなくて暇だったので洗脳ごっこでもしてようかと思ったのですが、「ツナヨシも成人したしもう大人だね!」という母の声とさすがにイタいというあるか無きかの自制心が働いたので止めておきました。

 

おにぎりを食べながら外をキラキラとした目で眺めつつバスに揺られて1時間半、ついに成田空港に到着しました!

 

午前8時

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170909231639j:plain

 

バスに乗っていたときは少し雨が降っていましたが、着くころには止んで光も指す程に。海外で携帯を使うとパケット料金が大変なことになるので予約していた国外用Wi-Fiを回収してたまちゃんを待ちます。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170909192711j:plain

 

たま「よっすよっすぅ」

 

集合時間ぴったりに現れたたまちゃんはチャラ男みたいな口調で近づいてきました。こいつには金があるので最寄り駅から直通の成田エクスプレスに乗って社長出勤です。一回無一文になれ。

 

10:30

さんざん無駄な話をしつつ諸手続きを済まし搭乗。私たちはツアーを組んでいたので日本人の旅行客と一緒に搭乗するはずが、なぜか私たち二人だけ便が違うということになりほぼ日本人の見当たらぬ飛行機へ。

 

私「飛行機内で寝る?」

たま「寝ない。ひたすら映画を見る。」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910114902j:plain

 

宣言通り一睡もせず映画を見続けたたまちゃんですが、画面のバグのせいで人の生死に関わる超絶シリアスなシーンなのに「先生、早速銀行に入金されてますよ!」という年金受給を知らせる中国語がしつこく表示され続けていて、私は隣でその状況に爆笑してました。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910115339j:plain

 

途中同じ列に座っていたインド人のおじさんに話かけられ、片言の英語でも会話できたのが楽しかったです!服飾関係の方だったようで「日本で有名なブランドは?」と聞かれたのですが、私たちは力いっぱい「しまむら」とこたえておきました。

 

タイ時間 15:20

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910120307j:plain

 

私「日本じゃねー!!」

たま「地平線まで畑ってすごいね。」

 

そんなこんなであっという間に日本を飛び去りタイへ着きました!東京で生まれ育った私はこんなに広い畑や田んぼを見たことが無かったので、この景色にまず感動です。というか、タイって山ないんでしょうか。こんだけ畑しかないと少年漫画だったら能力タイプ『大地』で丸被りして戦闘中気まずくなりそうですね。まさに泥仕合。なんつって♡

 

さて、そんなことは置いといて空港からホテルまでの送迎バスに乗り込み1時間半ほどでホテル着!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910144620j:plain

 

この擦りガラスの窓を開ければ入浴中が見れちゃうという女二人旅になんのメリットもない設備や

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910144640j:plain

 

ベットの後ろが全面鏡という仕様によりこのホテルの前世が薄っすら察せるのがベリーホットな部屋でした。

 

ホテルに荷物などを置いたら早速観光!初日に行くのはニューハーフさん達のショーが見られるカリプソキャバレーです!

 

タイの鉄道BTSに乗ってサバーンタクシン駅まで移動し、そこからはキャバレーのあるアジアンティークまで直通の船で移動です。我々はその日だけで飛行機、車、電車、船と乗り物を嘗め尽くしてますので乗り物好きの5歳児の霊とかに呪われるのではないかと戦々恐々としながら船に乗り込みました。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910150405j:plain

 

海程広いチャオプラヤ川を爆速で渡り眠らぬ街アジアンティークに到着!時間ぎりぎりだったので急いでショーに飛び込みます。

 

たま「もう始まってない!?」

私「あ、でもまだ最初のほうだ!」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910151223j:plain

私・たま「うわわわわわ」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910150905j:plain

 

私「んひひひひひひひ」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910151137j:plain

 

私「エロス。」

たま「マーベラス。」

私「デリシャス。」

たま「食うな。」

 

すごかったです!カリプソキャバレー!

何がすごいって本当に元男とか信じられない。美顔、美胸、美脚。こちら側本物の女が菓子折り持って謝りに行かねばならないほどまさに「美人」ばかりでした。

 

演目も単調ではなく様々な国の踊りを取り入れていて、日本は「舞子さん」による日本舞踊でした!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910151901j:plain

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910152114j:plain

 

化け物でしたね。

 

 

 

美しいニューハーフさんはもちろん、ちょこちょこ出てくるボーイズがだいぶいい味出してて個人的には彼らがお気に入りです。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910152434j:plain

ノリノリの体作りが甘いボーイズ

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910155039j:plain

半裸で目隠ししてユリを持つ変態プレイボーイズ

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910152523j:plain

 

演技中正座で待機する罰ゲームみたいな格好のボーイズ

 

時々思い出したように首を振ってたのがまたよかったです。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910153313j:plain

 

思う存分ショーを楽しんだ後は撮影大会!左右にニューハーフさんたちが並んでるんですが、まぁでかい。近くで見てようやく男なのか…と実感しました。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910155255j:plain

 

わたしはひと際美人なお姉さんと撮ってもらいました!「テイク ア ピクチャー」の「テ」も言う前にガッシと肩を組んでピカピカ笑顔で撮ってくれました。

 

ついでにたまちゃんは写真を撮りたくて撮りたくてチップを握りしめたまま「ア…ア…」とカオナシのように観光客とオカマの間をさまよっていたのですが、結局一枚も撮れずに悔し涙を流していました。

 

 

タイ時間22:30

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910162724j:plain

 

帰りはカリプソからホテルへの送迎バスで帰宅、「最近どの曲にハマってる~?」という家でもできるだろという話をしながら眠りにつきました。

ちなみに手前にあるのは私のパジャマ用Tシャツで、「I ♡Düsseldorf」(デュッセルドルフ;ドイツの地名)と書いてあります。初海外なので「舐めんじゃねーぞタイ」の意味を込めて全く関係ない地名のTシャツで喧嘩売っておきました。このTシャツで出歩くことは旅行中一度もありませんでした。

 

 

 

 

明日はツアーで王宮巡りです!カリプソキャバレーでテンションをぶち上げて「あれだ…、最近洋楽聞くようになったわ…エド・シーラン…」で眠りについた私は翌日の朝6:00に起きれるのか?タイ旅行記第2弾を乞うご期待!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日記と旅のご挨拶!

 

こんにちは!夏休みの日数が短くなる度に心も死に近づいているツナヨシです!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170901213749j:plain

 

夏休みってなんでこんなに短いんでしょうね。蝉に合わせてるんでしょうか。蝉の婚活の始まり蝉のご臨終により終わるのが日本の夏なんでしょうか。日本の夏とはこの世で最も広く長い蝉のための婚活パーティーであり、それに人間が付き合わされているということならばあまりに理不尽です。あーあ、やだやだ。やだやだ!このまま続け夏休み!

…いや、大学生の夏休みはめちゃめちゃ長いのは分かってるんですが、バイトだのなんだのしてるうちに私のなつはあっさり終盤になってしまったのでなんとなくやさぐれてしまうのです。居酒屋でバイトしてるんだから昼間は暇だし海でも行けばいいのではとお思いの方も多いと思いますが、

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170901214428j:plain

 

フガフガフガ

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170901214522j:plain

 

ぷへぇ

 

 

猫の腹を利用して息継ぎの練習をしたり、

 

 

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170901214652j:plain

 

グッ

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170901214630j:plain

 

コッ…ヒュ…

 

私「あ、これだわ」

 

コンタクトの洗浄液の空きボトルで「人間の呼吸の勢い」を再現したりと主に呼吸器官を中心に大忙しです。

別に病んでませんよ、好奇心の赴くままに行動してるのみです。成人は超えましたけどね。

 

さて、なんでこんな呼吸を整えているかと言うと、この記事を書いてる9月1日の翌日、9月2日からタイへ旅立つので心臓バクバクのしっちゃかめっちゃかのぷぅだからです。タイですよタイ!微笑みの国のタイ!常夏、ヤシの木のタイ!わーーーーー!タイ!!ウーイェイ☆

 

…はい、このように呼吸を整えるなどしないとテンションが上がって変な感じになっちゃうのです。いつもはパソコンが立ち上がる数秒の間にもスマホでネットを見ているというネットの海の人魚みたいな人間なのですが。

 

4泊5日なのでそんなに長くはいないのですが、ブログは1週間ほど空きます!…いつもそれぐらい空いていますけどね!すみません!

 

そのあとは旅行記をモリモリ書こうと思っていますので、お楽しみに!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170901222122j:plain

 

それでは行ってきます!おさらば!