読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツナヨシのやつ

普通の女子大生のブログです

【検証】占いは当たるのかはしごして検証してみた

 

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170509080919j:image

 

君は信じているか

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170509080938j:image

 

占いを。

 

 

タロット、手相、血液型、星座・・・人は自分のことを知るために、あらゆる占いを利用する。そして出た結果で人生すら左右することもあるだろう。しかし、占いとは当たっているものなのか?

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170509081428j:image

 

人生に悩む赤っ面の乙女ツナヨシ、今回占い師潰しとも言える占いはしごをして、その結果の統一性で占いとは当てずっぽうなのか否かを検証してきた。

 

 

 

【占い屋をはしごしてみた】

 

行くお店はレビューは星5つ、都内最大手を3件選んで行くことにしました。

相談内容は、

 

今、自分は学生で、将来的にライターやその他、文章関係の職に就きたいのだが、その道で食っていけるか?

 

というもの。

 

・・・すみません、相談内容がガチで。しがない文系大学生は就職戦線に恐々としているのです。

 

調べてみたところ占いは10分で1000円~2000円。私の財布の中身でなんとかなるでしょう!さっそく行ってきました。

 

 

一件目

 

撮影や店名を出すのはNGなので店内の雰囲気だけ伝えると、ザ・占いというかんじです。

 

証明は薄暗く、店内の基調色は紫。安っぽいシャンデリアに芸人か?というような名前の占い師の紹介文入り写真が壁中に張ってあります。

 

店員さんらしき人がいないのでボーッと待ってると、


f:id:shouguntuyayoshi:20170509083042j:image

 

どっかから呼ばれた。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170509083156j:image

 

遠心力で首がもげるくらいあたりを見回すが誰もいない。え、どこ、どっから呼ばれたのと軽い恐怖を覚えたのですが・・・

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170509083427j:image

 

そっからかよ。

 

カーテンがかかった向こうの見えない小窓から呼ばれてた。ラブホの受付かよ。いや、行ったことないけども。

 

 

無事受付を終えた私は待機用のソファで大人しく自分の番がくるのを待ってました。それは特に問題は無かったのですが、何となくついてるテレビでハリー・ポッターと賢者の石が流されてるのが非常に気になりました。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170509084047j:image

 

それほど待たずに部屋に通されて、ついに人生初占いをされます。

占いをしてくれたのはわりに普通のお姉さんでした。というか事務作業向いてそう。

 

占いの種類はタロットで、お姉さんがカードをガシャガシャやり、私は右手をかざすだけ。そしてカードを4枚ほどひいたお姉さんは渋い顔をしました。

 

お姉さん 「今は気張り過ぎてから回ってますね。」

 

ツナヨシ 「えぇ!?」

 

お姉さん 「でも書くことは向いてますね。自分の興味のある方向へ走り出して大丈夫です。」

 

ツナヨシ (・・・おお?)

 

お姉さん 「すごく感覚的なタイプで、考えこんで文を書くより頭に降りてきたことバーっと書くと成功します。」

 

ツナヨシ (あらあらぁ?)

 

お姉さん 「流れに身を任せて行動すると、自分が決めた目標より遥か上へ行けますよ。」

 

ツナヨシ (なんか・・・)

 

お姉さん 「来年が転換期!ブースターが入ったらどんどんかけ上がりますね!」

 

 

んか、めっちゃ良いこと言われてない???

 

最初は固くなりすぎてるなどと言われたものの、将来的にはド成功するみたいなこと言われました。信じてぇー!

 

周囲からドンドンいいものが転がりこむけども、私自身は完全に個人で仕事するだろうという微妙な矛盾も見え隠れしましたが、概ね心配はなさそうな結果に。

 

 

・・・しかし占いも客商売。いいことを言わなきゃいけないのかもしれません。

 

そんでもって私、実はわりかしリアリストなので、こんな良いこと言われてもサックリ信じることはできないんですよね。・・・でもこの内容が2回連続、3回連続で言われたら?

 

 

なんだか占いに期待しはじめてしまいました。次へ急ぎましょう!

 

 

2件目

 

2駅ほど移動してお次の店へ。今度は一件目よりずっと明るい感じで南国感のある店内。香が強く焚いてあり、中に入るとムッと異国の香りに包まれました。

 

今回も10分1000円のコースで、すぐに通されました。

 

そわそわ期待しながら占い師の元へ向かうと、

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170509092839j:image

 

 パンチの効いたのがいるぞ。

 

40、50くらいのおばさんなのですが、着ているものはフリフリ、そしてリボン。

しかししゃべり方は下町のおばちゃんのようで、そのアンバランスさに一瞬思考停止しかけました。

 

占い方法はタロットと生年月日のハイブリッド。私に名前と誕生日を書かせると手早く占いを始めました。

 

おばちゃん 「うん、書くことは向いてるね。でも今はちょっと違う。考えすぎてる?」

 

ツナヨシ (あれ・・・?一回目と同じこと言われてる・・・!?)

 

そう、二件目の占いでも大体同じことを言われたのです。興味のあることに突っ走り、感覚的にとらえて書き上げる。だから今の気張ってる状態はよくないのだと。さらに転換期は来年とも言われました。

 

打合せしてきた?と言うほどの内容の被りよう。さすがにちょっと信じてきました。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170509094452j:image

 

「今年からは運気上がってくけど・・・去年は結構というかだいぶキツかったんじゃない?」

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170509094557j:image

 

「あ、はい。浪人で地獄見ましたね。」

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170509094629j:image

 

どっ / じゃねぇよ。

 

しかし和気あいあいと会話しながら、具体的なことをバンバン言ってくる。

 

自分の頭のなかで完結するから説明が下手くそ、文章書くならあんたおばちゃん受けいいからそっち狙ったらウケるわよ、大学では来年ニーチェの勉強が楽しくなります。

ラストはただのオススメでは?とも思いますが、しゃべるしゃべる。

気がつけば料金プランが変わるほど時間延長してましたが、お値段そのままで見てもらえました。 

 

 

占いの結果をまとめると、

 

感覚的で、自分の興味のあるほうへ突っ込み好き勝手やるが、それで正解。

仕事に困ることはなく、来年から環境がガラッと変わり、やりたいことで忙しくなって勉強を疎かにする。

目上の人に可愛がられるからそれを大事にしなさい。

 

またまた仕事に関しては良いことのオンパレード。これは信じちゃっていいんじゃないの??これは、ぶっこいてもいい案件じゃないの????

 

もうほとんど小躍りでお店から出てきて、ギンギラギンの日差しの中を大股で闊歩する。気温28℃の真夏日でしたが気になりませんでした。だって私、将来めちゃめちゃ明るいからね!!!

 

3件目は何店舗も展開する業界最大手。もはや不安感などありません。ドンドン行きましょう!

 

 

3件目

 

今回は1000円のコースは手相だったので、それにしました。

 

さすがに有名店なだけあって主に若い女性が列をなして並んでいて、私もそれに倣おうとすると店員さんから「今からでしたら一時半間待ちですよ。」との知らせが。

一時間半!?一時間半て90分でしょ!?ダメダメダメ、時間かかりすぎ。

私は授業の空きコマを使って来てるので、そんなに待ってたら授業が始まってしまいます。

授業・・・サボるか・・・?と先程の勉強を疎かにするという占い結果を早速実行する考えが浮かんだとき、どうやら近くに違う店舗があり、空いているという情報をゲット。

 

移動すると確かに空いていて、10分程度で中に通されました。

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170509101741j:image

 

今度は上品なおばあちゃん。一件進むごとに年齢層が上がっているような気がします。

やりませんが、4件目に突入したらもうイタコみたいなのが出てくるんでしょうか。

 

相談内容は今までと同じことをいったのですが、どうやら手相は今までの人生や性格が刻まれるから未来は分からないそう。

 

ちょっとつまらない気もしましたが、今までのことをバンバン当てられたらそれもそれですごいので早速やってもらいました。

 

 

おばあちゃん 「あなたかなり慎重なタイプね?」

 

ツナヨシ 「そうゆう節もあります・・・かね?」

 

おばあちゃん 「体力はバリバリ。殺しても死なないわ。でも精神が弱いところがある。」

 

ツナヨシ 「(体力そんなないけど、メンタル激強な自負がある・・・)・・・へぇ。」

 

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170509102645j:image

 

「あなた長女でしょ。」

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170509094557j:image

 

「3人姉妹の末っ子ですね。」

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170509102645j:image

 

「じゃあ長男の嫁になるかもね!」

 

 

適当じゃねーか。そんなんなんとでも言えるわ!

 

他にも「子供は女の子欲しいでしょ」と言われ、私が微妙な顔をすると、「あと男の子も!両方一人づつ産んで満足するわね!」といった具合にガッツリ日和見まだそんな子供のこととか考えちゃいねぇよ。

 

 

その後おばあちゃんはあまり当たってないと感じると、「あなた手相ほぼないから分かんないのよ。」と言い切り、「私若い子みんなに言ってるんだけど、まず行動しなきゃダメよ、やりたいことなりなさい!」とお説教が入って占いは終了。

私の1000円はなんだったんだと釈然としない気持ちを抱えて店を出ました。

 

 

なんだか最後の手相占いで急に冷静になってしまいました。

タロット占いでいくら良いことを言われようとも未来なんて分かりません。それにういう質問の客にはこういうことを言えば喜んでもらえると考えて結果を言っていたのでは・・・?

 

浮かんだ疑惑、顔を出したリアリストがお前は騙されてるよと囁いている。

 

 


f:id:shouguntuyayoshi:20170509081428j:image

 

検証、してみるしかない

 

占いなどなくて、客に気持ちいいことを言っているのがあの商売ならば私が今日失った4000円は浮かばれません。これは確かめてみるしかない。 

 

 

 

 

次回、悪魔の証明編へ続く