ツナヨシのやつ

普通の女子大生のブログです

タイ旅行記!【2日目】~その1~

 

こんにちは!京都旅行から帰ってきて「ただいまー!」と元気よく言ったのに

父「お前のメシないよ。コンビニで買ってきて。」

母「 オ゛カエリッ↑」

猫「アア゛ーオ!!!」

 

という1名が挨拶でない、あとの2名が人外の挨拶が返ってきたツナヨシです!

あとで寝起きの姉から地を這うような「おかえり」をもらえたのですが、やはり人外の声でした。

 

~前回のおさらい~

shouguntuyayoshi.hatenablog.com

 

さて、さっそく前回のおさらいです。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910115339j:plain

 

犬面の友人たまちゃんと共に飛行機へ乗込んだ私は道中インド人のおっちゃんと会話を楽しみつつタイへ向かいました。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910150405j:plain

5時間のフライトののちタイのバンコクにあるホテルへ到着、早速ニューハーフショーが楽しめるカリプソキャバレーへ!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170910152523j:plain

 

オカマwithB達のショーを存分に楽しんだ私たちは朝6時起床だというのに1時過ぎに就寝。翌日の体力はどうなる!

 

 

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920160731j:plain

 

 

タイ旅行記!【2日目】~その1~

 

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920153010j:plain

 

おはようございます。タイ時間午前6時30分、昨夜1時まで夜更かししてたツナヨシです。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920153138j:plain

 

めちゃめちゃ元気です。

 

時差ボケ?ぜーんぜんない!全然ないの×500くらいです。もう元気元気のぷっぷくぷーよ。歯茎みせて笑っちゃう。

 

本当に疲れを引きずってなくてよかったです。2日目はツアーで朝から晩までアチコチ行きますし、疲れたからちょっとカフェ寄ろうかなんてできません。

 

朝食もそこそこに早速ホテル前で待っている移動用のバンに乗り込みます!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920154724j:plain

 

まだ都会のほうなので日本とあまり景色は変わらないのですが、道路に等間隔に建てられている前国王の写真がやっぱり「異国にきたなー」という気分にさせてくれます。

タイは日本より信仰が篤く、また国王に対する敬意も深いので町中にこういった光景が見られるとガイドさんが説明してくれたのですが、「あの写真だいぶ若いときのだヨ。サバ読んでマスネ!アハハハハ!!」と言ってもいたので、国王のほうは若干噓だとも思ってます。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920155939j:plain

 

一時間ほどでバンが止まったのはチャオプラヤ川のほとり、水上バス乗り場で、中央に見えるのはこれから向かうワット・アルン(暁寺院)です!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920160202j:plain

 

ここからは水上バスで移動なので適当な席に座ったのですが、座った瞬間例のガイドさんが寄ってきて「撮るよ撮るよー!!」と写真を取ってくれたのですが、急に言われ過ぎてなぜか二人とも金に余裕ができ中年になってから調子に乗り始めたおやじみたいなポーズなのがじわじわきました。乗車料金40バーツ(120円)なのにね。

 

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920161231j:plain

 

あづい。

 

船を下りてワット・アルンの入口まで着いたはいいんですがとにかく暑い。日差しが痛い。サングラスを買ってこなかったことを心底悔やみながら本殿目指して進みます。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920162333j:plain

お、 見えてきましたね!さっそく観光しましょう!・・・?・・・!?

 

すごくない???

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920162447j:plain

 え、すごくない?金ぴか、金ぴかりん。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920162618j:plain

 金ぴかりんの・・・

(・・・んこ・・・)

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920162653j:plain

 

(ビック・・・ゴールデン、うんこ・・・)

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170920162825j:plain

 

こちら立派なスモールうんこ。

 

満足しました。ありがとうございます。

 

 

小学生並みの感想ではしゃいでしまったのですが、実際本当にきらびやかさ、美しさに感動しました!
これらは王族の塔なのですが、金色の壁はメッキではなく本物の金。タイでは正式な場では金が使われるようで、肌に直接金箔を貼ったりもする金ぴか王国らしいですね。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170923150155j:plain

ワット・アルンはラーマ1世菩提寺。つまりお墓なのですが、贅を尽くした豪華さ、本当に「王様!」という感じで「そりゃひれ伏すわ」と真顔で話し合ってしまいました。

 

 

 

ひとしきり騒いだらお次はワット・プラケオ(エメラルド寺院)へ。
ここはワット・アルンと近いので車で5分ほどでついてしまいました。

 

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170922135142j:plain

 

私 「おっし行くべ!」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170922135322j:plain

私「お・・・」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170922135400j:plain

私「・・・」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170922135728j:plain


たま 「なにしてんの。」

私  「いや、本能がうずいちゃって」

たま 「バカじゃないの?」

私  「時折、自分でもそう思います。」

たま 「先進もう。」

私  「はい。」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170922140036j:plain

たま 「・・・」

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170922141134j:plain

 

 

恐るべしワット・プラケオ、エメラルド寺院。ゆるキャラ(?)が多すぎて先に進もうにもいちいち反応してしまって一向に進めません!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170922141706j:plain

 

他にも装飾がきらびやかすぎて戦って衣装を傷つけたら金を請求されそうなタイ版の仁王様や、

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170922141932j:plain

 

像の前に募金箱が大量に置いてあって完全に旅人から財をむしり取るタイプの大黒様など、思わず「マジか!」と叫んでしまうような像がたくさんいました!

 

肝心の本殿に行きつく前に楽しみ過ぎていますが、やはり本命は裏切らない。目の前には壮大な白い塔がそびえていました。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170922142823j:plain

 

これ、CGでもなんでもなく実在の建物とか信じられますか?完全にRPGの世界、光の騎士が守る王の城です。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170922143402j:plain

しかし太っ腹なことに私どものような下賤の者でも塔に登ることは許されているので楽しんできました!城を支えているのは悪魔という謎のタッグ。猿は岩に閉じ込められたり城支えたり色々大変ですね。

 

そしてさんざん楽しんで塔から降りようとしたのですが、

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170923132532j:plain

 

階段急すぎ

びっくりしたわ。足ガックガクです。この写真は別に階段の途中で四股踏もうとしているわけではなく、普通に怖くてこの体制なのです。

上るとき「階段を上る」というか「よじ登る」に近い感覚だったので嫌な予感はしていたのですが、案の定でした。これ、仏様のための建物ですよね?えらいお坊さんとか上るやつですよね?だとしたら設計者は完全に階段から落としにかかってるとしか思えない傾斜でした。近くにいたタイ人のおばあちゃんも何か呟いていたので、多分「ざけんな。」と言ってたはずです。タイ語で。

 

 

なんだかんだ言いつつ運動神経のいいたまちゃんの5倍くらいの時間をかけて階段を降りたらまたまた移動です。大きな寺院は固まってますので5分程で次の寺院ワット・ポー(涅槃寺)へ!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170923140435j:plain

 

はい着きましたワット・ポー!若干巻きに入りましたがお許しください。行った場所が多すぎて1日目の半分にも達してないのです。これからインディージョーンズの世界にも行きますし、象にも乗りますので・・・。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170923141011j:plain

 

ワット・ポーの涅槃大仏は結構有名ではないでしょうか。こんな感じの広大な寺院の中に

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170923141148j:plain

 

金ぴか大魔王が寛いでいます。

 

でっかいの。すーごいでっかい。でーかいニート。すみません。このブログで仏教徒に本気で怒られる気がします。でも見てください、

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170923141531j:plain

 

この顔。でかすぎて柱の隙間から一部しか覗けないこの顔。目は合わないし薄っすら笑ってるんです。この人寝ながらバラエティー見てるよ。アメトーーク見てる。アメトーーク見ながら「ホトちゃん髪サラサラでいいなあー」って思ってる。

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170923142030j:plain

 

そんなニート大仏と3ショットを取り終えたら次は賽銭入れ体験。賽銭なんて日本でもさんざん入れてるし新体験でもなんでもないと思うでしょ?でもここでは108回賽銭入れなきゃいけないんですよ。108と言えば煩悩の数。そんだけ入れれば煩悩なんて塵一つなく浄化しそうですね!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170923142759j:plain

 

~108回の賽銭中~

 

私「・・・」

たま「・・・」

私「どんな気分?」

たま「工場勤務。

私「私ね、エサやり。

 

列に並んで108個の托鉢にどんどんお金を入れるのは後ろの人をつかえさせないためにリズムゲーのようにリズミカルに入れねばならないので、厳かな気分になる前に作業に必死でした。しかし終わったらなかなかに達成感があったので私の煩悩も浄化したはずです!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170923143800j:plain

 

「腹減り死5秒前。」

 

無理でした。

 

 

そのあとはツアーに組み込まれてるショッピングに引きずられた後にようやくお昼ご飯です!壊れたおもちゃのように「お腹すいた」しか言わなくなったツナヨシは無事午後も乗り切れるのか?タイ旅行記【2日目】~その2~に続く!

 

f:id:shouguntuyayoshi:20170923144422j:plain

 

おさらば!